Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

今月最後のスクール

夜は風が強くなって…

昨日は、先週の骨盤エクササイズで頑張りすぎて手首が痛くなったので、いつもより遅く家を出ました。昼間の暖かさが嘘のように風が出てきて寒く感じられました。

スポーツクラブに着いたらいつもと違ってお風呂で少し体を温めてからプールに行きました。すぐプールに飛び込むより良いと聞いていたからでした。

キックやプルの練習をして初級平泳ぎのレッスンに参加しました。今月最後のレッスンでした。最初に水中で蹴伸びを練習しました。体を真っ直ぐフラットにして進むようにと言われました。だんだん下降して進む人が結構多いと言われました。次に手を前に伸ばして、膝を落とすようにしてからキックをしました。ただ後ろに脚を向けるだけでなく曲げてから楕円を描くようにして戻すとより進みますと言われました。後ろに脚を曲げるのはゆっくりで、戻すときは速くするようにと注意がありました。

次にストロークでした。肘を立てて、脇をしっかり締めてから手を前に伸ばします。やってみると肘を立てて脇をしめるのが皆さん早すぎますと言われました。ゆっくりで良いそうです。私は肘を立ててから脇をしめる動作をせわしなく行っていました。さらに皆さん肘を立てると手はもっと水中深くになるはずですと言われました。これも出来ていないところでした。

それからコンビネーションでした。頭を持ち上げるのをもっと遅らせてみてくださいと言われました。いつも言われていることで、出来ていないところでした。2回目に注意してみると推進力が増す感じでした。頭を早く上げるとそれだけで抵抗が増えるのだなあと思いました。

最後に一掻き一蹴りも練習しました。初級とは思えないくらい充実したレッスンでした。

終わって少ししてからスクールが始まりました。珍しく最初にコーチとみんなで少しおしゃべりをしました。そしてW-up 50×2、もちろんみんなクロールで泳ぎました。

それからプルブイを手に持ってうねりの練習です。自然に身体が上がるのを待つのではなく、すぐ浮上するようにと言われました。私は結構潜ったと思ったのですが、まだもっと深くプルブイを押さえ込まれました。

次に手を伸ばしてうねりの練習を行いました。潜るのではなく前に進むうねりの練習でした。私は背中も腰も一緒にうねってしまうのでいつも注意されます。片手バタフライの時も、上半身は動かさないという気持ちで泳ぐようにと注意を受けました。身体が勝手にくねくねしてしまうのです。

さらにキックを背伸びする感じでチョンと打つようにと言われました。また、腰の上あたりに力を入れるようにと言われました。第1キックで入水するときは弓のように身体をそらして手は水面に乗せる感じで泳ぐようにと言われました。私が右片手バタフライを泳いでいる時、左手をずっと水面に持ち上げられました。身体をフラットにするとうねりどころではありませんでした。今度は両手で一回掻いたら2秒間蹴伸びで伸びながら進みました。この時もキックの注意を受けました。大きなキックではなくて背伸びするようにチョンとキックを打つようにと再度注意がありました。

フラットに泳ぐのはパワーが必要です。まだまだパワーで25m泳ぐのは苦しいです。以前のどんぶらこバタフライがなつかしいです。今はどちらでもない中途半端なバタフライですが、気持ちはパワフルなバタフライで泳いでいます。

2014-07-05_Steyr_Dietrich-Johannes_100