Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

初級背泳ぎと中級背泳ぎ

久しぶりに参加

昨日は背泳ぎのレッスンに参加するためにスポーツクラブに行きました。早めにプールに着いたので自主練で水中歩行を15分スイムを30分行いました。月曜日は休んだので元気でした。

初級のレッスンではまず好きな泳ぎを2本泳ぎました。次に横向きキックを1本ずつ泳ぎました。私はいつも右向きの方が苦手です。右向きキックをしているときキックをもっと大きくするようにと注意がありました。普通の上向きキックより疲れるのはどうしてかなあと思いました。身体自体が抵抗になっているのかもしれないと思いました。姿勢を真っ直ぐにすることが必要なのではないかと思ったのでした。又はキックの振り幅が左右で違っているのかな?

今度は水の中の手の動きを練習しました。水中スタートの後両手を体側にそって足の方まで押して、腕を曲げながら水中で手を上に戻します。2本行いましたが、1本目は時々手を戻す時に水面上に出てしまったり、間違えて手を掻いてしまったりしたときもありました。かなり水の中を深く掻く必要があることがわかりました。手を戻す時は抵抗を少なくするための動作が大切らしいです。

次に両手で練習した水中の動きを片手で練習しました。反対の手は気をつけにして行いました。プッシュの時には反対の肩が持ち上がるようにと注意がありました。これも2本行いました。肩のローリングと手が水面に出ないようにという2つのことに注意するだけでも難しいものです。

それから足の方に向かうスカーリングを上向きと下向きで1本ずつ行いました。上向きは足があまり下がらずなんとかできたのですが、下向きは足が下がるので足首を直角にしてなんとか下がらないようにと試みましたが、何回も立ちながらでないと出来ませんでした。

中級背泳ぎでは1本目は好きな泳ぎで、もう1本はクロールの手を3回掻いたら、ひっくり返って背泳ぎで3回掻くのを繰り返しました。自分で回りやすい向きがあるなあと感じました。

次にキャッチアップ背泳ぎを水面で行いました。これは大丈夫でしたが、2本目は手を天井に向けて伸ばした位置でキャッチアップしました。待つ時間が長いので身体が沈みそうになりました。それから普通のスイムでコースの真ん中を真っ直ぐスタートして壁の真ん中で手を着くことができるようにと注意があって2本泳ぎました。1本目はキックを細かく手も急いでリカバリーしたので、ほぼ真っ直ぐ進めたように思いましたが、2本目は真ん中よりちょっと左に外れてしまいました。

最後は背泳ぎのターンの練習でした。クイックターンの人もタッチターンの人もいました。私はタッチターンですが1本目は下手なりになんとか出来たのですが、2本目は壁に近づきすぎてターン出来ませんでした。距離が合わない時はキックで進んで良いと言われていたのに、やり始めると忘れてしまって困ったものです。難しいドリルもありましたが、久しぶりにレッスンに参加したので頑張りました。

IMG_1534