Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

プライベートレッスン

苦手を見てもらう

昨日は申し込んでいたスイムプライベートレッスンの日でした。
タッチターンと水中スタートを教えてもらいました。まずいつも通りのタッチターンをしてみました。
直すべき第一には、頭を素早く進行方向に向けることだそうです。頭を素早く移動することによって足は勝手についてくるのだそうです。なぜか私は頭を水中に入れてターンしているそうです。それなら方向転換したら水中に潜って蹴伸びすれば良いと言われました。自分では頭を上げてターンしていると思っていたのですが実際は違っていました。
水中スタートは予想通り頭が下がり足が上がっていました。原因は足を壁につけてスタートする時、最初に壁につけた足を、スタートする時その位置より上がっていたのでした。私は体を真下に沈めてから蹴伸びをしていました。その無駄な時間と無駄な動作を減らすことでした。また最初から両足を壁につけていましたが、片足をつけてからスタートした方が位置が決まって良いと言われました。今まで壁に近かった体を、少し壁から離して少し体を持ち上げてから沈み、足を素早く壁につける練習をしました。それから蹴伸びをすると今までより長く伸びることができました。何回も練習するようにと言われました。
それから背泳ぎの水中スタートでした。今までは、上を向いて両足を壁につけてスタートしていました。教えてもらったのは片足だけ壁につけて、片手は進行方向に伸ばして体を沈めます。その時壁を見ないですぐ天井を見ながら壁を蹴ります。これだけで体がフラットになっているそうです。さらに体が水中に潜ることができると良いそうです。バサロキックは進んでいるので良いと言われました。
最後にバタフライを見てもらいました。以前より遅くなっていました。今まで手を後ろにまっすぐ押していたのを体の中心に手を曲げてきてから抜き上げようとしたからでした。おまけに水が手に引っかかっる感じでした。コーチによると手を横から抜き上げているそうです。体が柔らかいのだからもっと後ろまで大きく掻いた方が良いと言われました。
キャッチをしっかりして水を掴むのはとても難しいことだそうです。今までの方が進むのでそれで良いのかもしれません。いろいろ教えてもらって少し頭がすっきりした感じです。