Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

2日目も

3コマのレッスンに参加

昨日も水曜日と同じスポーツクラブに行きました。既に顔見知りの人もできました。最初に初級背泳ぎに参加しました。片手を伸ばして10秒経ったらもう片方の手に交代しました。私はローリングしすぎだと注意されました。それから手を掻くときにお腹が下がっていると言われました。ある程度言われることはわかっていたのですがかなり下がっているみたいでした。次に8秒待って両手を交代し、さらに6秒で交代しました。それから4秒待って交代しました。自分では少しお腹を持ち上げたつもりでしたが、またお腹が下がっていると注意がありました。これが一番直さなければいけないところだと理解しました。また手に力が入っていることと手首にも力が入っていることを指摘されました。手は抜き上げる手を若干はやくして伸びている手を少し遅れて回すと良いそうです。2秒待って交代は2回練習しました。レッスンはドリルごとに1人ずつアドバイスをしてくれました。毎回そうなのだそうです。レッスンが人気なのがよくわかりました。同じコーチの初級クロールにも参加しました。まず片手クロールを行いました。私は背泳ぎに続いてまた手に力が入っていると注意がありました。少し手が横に広がってもいるようでした。次のドリルは右片手を2回したらここでローリングして左手に代えて2回まわしました。初めてのドリルでしたがタイミングはできたように思いました。一緒に泳いでいる女性によると手首や手の先の力が抜けてくると長い距離泳いでもあまり疲れなくなるそうです。私が長い距離を泳ぐのが苦手なのは、このことも原因の一つだとわかりました。次が前日予約したスクールの体験でした。初級から上級までありました。どちらに出ようか迷ったのですが、同じコーチの中上級クラスに参加しました。最初スカーリングの練習をしました。私は肩が上がらないように、指先が下に向くようにと注意がありました。最後の週は毎回タイム測定をするのだそうです。1人ずつどの種目で泳ぐか聞かれました。私は迷った末にバタフライにしました。バタフライを泳ぐ人が一番多かったです。まずコーチが4種目を少し泳いで見せてくれてから、自分で決めた種目の片手スイムを左右1本ずつ行いました。私は肘が曲がっていること、手の先に力が入っていることを注意されました。タイム測定はコーチが順番を決めてくれました。コーチは最初合図をしたらまた向こうの壁まで行ってタイムを言ってくれました。毎回大変だなあと思ったのですが、だから他の参加者は、見ているけれど正確なタイムまではわからないのでした。大きな声でタイムを読み上げるのかと思っていたので正直ホットしました。私はバタフライのタイムを計ってもらうのは初めてだったのです。そこでワンポイントアドバイスもしてくれました。私は肘が曲がっていることを再度注意されました。もっとうねりを使うようにとも言われました。3コマとも同じコーチでしたが、その都度アドバイスを的確にくれるので有り難かったです。それにコーチが明るくてレッスンが楽しいので人気なのだと思いました。遠すぎて毎週通うのは大変なので今回は体験だけでしたが、楽しくレッスンできてよかったです。

Tom Shields