Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

わからないところが少しずつわかってきました。

昨日は朝からスポーツクラブに行き、まずエアロビクスに参加しました。シンプルエアロに変わったのでどうかな?と思いましたが、以前よりもバリエーション豊かなステップが多かったので楽しくできました。コンビネーションが少ないのは残念ですが、いろいろなステップを練習できるので工夫しているなあと思いました。
それからマシンで筋トレをして、10分の背中を鍛える筋トレにも参加してプールに行きました。
自主練は、キックとプルブイをつけた脇タッチクロール、両手背泳ぎ、背泳ぎのグライドストローク、ブルブイをつけたドル平とバタフライ、イルカ飛び3種、片手バタフライなどを行いました。
レッスンは、ビート板を持ってキックの練習でした。膝を伸ばして足は少し内股にして水面より上に足が出ないように注意がありました。顔を水面より出して足は少し下に下げて行いました。2回目は肩は水面ギリギリにして上に上げないように、体幹は下がらないように注意がありました。それから頭を水中に入れて自分の目で見ながら進みました。最初コーチが悪いキックと良いキックを見せてくれました。悪いキックは泡が大きくてバシャバシャと水面にもしぶきが上がります。良いキックは細かい泡がシュワっと水の底に達していました。最初自分でやってみると足が下がりすぎて泡がたたず、水面近くまで上げて思いっきりキックを打ってみると細いシュワっとした泡が少しできました。キックの強い左は良かったのですが、苦手な右はほとんど泡が立ちませんでした。おまけにすごく疲れました。
次はストロークの説明でした。キャッチしたら、肘は立てたまま前腕を曲げて後ろまで掻いて大きく前に伸ばします。説明の後歩きながら、練習しました。手は水中では肘を曲げ、上に出たらまっすぐ前に持ってくるように言われました。反対になっている人が多いと言われました。次にゆっくり1、2、3と考えながらキャッチアップクロールで泳ぎました。
レッスンの最後の話で、ゆっくり長く泳ぐ時はストロークは最後の掻き切りに力を入れ、スピードを出す時はキャッチしたらすぐ力を入れるそうです。またキックは普通6ビートですが、ゆっくり長く泳ぐ時は2ビートで泳ぐこともできることを説明して泳いで見せてくれました。キックが少ない分1回のキックは6ビートより強くなるそうです。私がよくわかっていなかった点を詳しく説明してもらえたので理解が深まりました。後は実践あるのみです。
f:id:Appleminto:20150511160530j:image
1日遅れの母の日のプレゼント(毎年もらっているサクランボです。ありがとう!)