Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

土曜日の中級バタフライ

水中ドルフィン

昨日はバタフライのレッスンを受けるために夜にスポーツクラブに行きました。30分ぐらい自主練をしました。やりたいことがたくさんありましたが全部はできませんでした。
レッスンは水中ドルフィンがメインでした。
まず逆立ちいるか飛びからでした。プールの底に手をついてすぐ浮上することはもうできるようになっています。次の深いうねりの連続はうまくできているかどうかわかりませんがなるべくコーチのように水中でできるように頑張っています。それから頭を水面に出して上半身をあまり動かさずにキックをしていきました。そして今度が頭を水中に入れて同じように上半身をあまり動かさずにキックをしました。いよいよ今の練習を水中で行いました。私は大きくうねればプールの真ん中まで行くことができました。しかし水中ドルフィンは細かく早くできた方が早く進むことができるそうです。そのためにはきれいにはできなくても下半身でピョンピョン進むと良いそうです。それを踏まえて行うと今度は12.5mまでは行くことができなくて途中で浮上してしまいました。コーチがプールから上がって説明してくれたところによると、キックが体の後ろ側だけで蹴っているからだそうです。からだの前後均等にキックしないと真っ直ぐ進めないそうです。説明の後行うと楽に12.5m進むことができました。フィンをつけずにここまで楽に進めたのは初めてです。
細かいキックをするのは早く進むためで、大きな水中ドルフィンは長い距離を楽に泳ぐために距離を稼ぐために使うと良いそうです。私はまだ使い分けできるほど自在に操れません。
今度は水中スタートしてドルフィンキックで進んで浮上してから泳ぎました。ドルフィンキックは7回ぐらいがいいかなと言われました。しかし最後にタイミングを合わせて手でプッシュして浮上しないといけません。私は7回キックして浮上しようとしてもまだ体が水中でうまく上がれませんでした。今度は体が上がるところまで進もうと思い、8回キックのあと浮上しました。臨機応変にすればいいのかなと思いました。水中スタートで真っ直ぐ進み、水中ドルフィンでなだらかに浮上しないと急激な浮上をしたら抵抗が大きくて減速してしまい逆効果のようです。
レッスンで腹筋と背筋がすごく疲れましたが、やればできるんだと嬉しく思ったのでした。