Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

パーソナルトレーナーレッスンを受けて

なんとなく思っていたことが納得できました!

金曜日に初めてパーソナルトレーナーさんに、自分が気になっていることを尋ねたり、向こうからこうですよと指摘されたりしました。それで今までただ何となく自分の中で思っていたことや、成人水泳でアドバイスされていたことの関連性が見えてきました。

私は骨盤が歪んでいるので、左右の足の長さや、脚の向きも違ってきていると思っていました。もちろんそれもそうなのですが、他にも直した方が良いところがありました。今までも度々腰が反っていると言われていました。それで気がついたら直そうとするのですが、無意識の姿勢だといつも反ったままになっていました。腹筋が弱いので姿勢を維持できないことが原因だそうです。さらに肩が内旋しているので腕をダラっと下げると体側より内側に入ってしまっていました。それは胸の筋肉と肩の筋肉が硬いからなのだそうです。その硬さにも左右差があって私の場合右がより硬いらしいのです。それで泳ぐ時に使うべき筋肉ではないところを使ってしまっているらしいのです。そのままいくと痛みが出てくるかもしれないと言われました。特に腰の上あたりを使って泳いでいるのでもっと上の方の筋肉を使えるようにすると本来の動きになると言われました。成人水泳の時にコーチに腰の上あたりを丸めてと言われるのですが私はもっと上は丸められるのですが、言われたところはうまく動かせないのです。反り腰とも関係ありそうです。また泳いでいる時に肋骨を両側から押さえつけられることがあるのですが、自分ではそんなところは動かないと思っていました。しかし普通の人より肋骨の下の方が広がっているらしいのです。初めて知りました。後で調べてみると、私のように反り腰で腹筋が弱く猫背気味の人に肋骨の下の方が広がっている人が多いらしいのです。直せるのかなあと思いますが、直せるものなら直したいと思います。

f:id:Appleminto:20200119153140j:image