Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

ウォーキングと中級クロール

初めての参加

昨日は市のふれあいウォークというイベントに参加しました。いつも一緒にバタフライを泳いでいる人に誘われて4人で一緒に参加しました。最初一番短いコースに申し込んだのですがあまりにも短いので10kmに変更しました。受付の後ヨガのインストラクターによる準備運動がありました。歩き出すと途中にチェックポイントがありスタンプを押してもらいました。出発は10時前でしたが15時までに帰ったら良いと言われていたので途中でお弁当を食べたり、名所に立ち寄ったり、喫茶店でも休憩しました。寄り道をしながら、おしゃべりしながら歩いたので、ちょっとだけ足が痛くなりましたが完歩証をもらって帰ってきました。
夜はどうしようかと行く間際まで迷っていましたが、足は疲れていたけれど腕は全く疲れていなかったので、少し遅くなったのですがスポーツクラブに行きました。
自分でもよく行くなあと思いました。一緒に歩いた人は誰も来ていませんでした。
最初プールの壁に背中をつけてストリームラインを確認しました。足はこぶし1個ぐらいあけて、かかとを壁から少し離して背中とお尻を壁にくっつけます。壁との隙間ができないようにしました。お腹に力を入れてお尻をキュッと締めないと難しいです。もちろん手は脇からからグッと伸ばして頭の後ろでしっかり両手を合わせます。陸上でできないことは水中ではできないのでまずここできちんとした姿勢を確認しました。いよいよ蹴伸びでした。浮き上がってきそうになってからも姿勢が大事だそうです。
理想は背中とお尻が水面に出るぐらいでできれば足もだそうです。手の先を上にそらさないようにと注意がありました。そうするとすぐ浮上してしまうからです。何回か練習しました。蹴伸びの最後に伸びていると私はまっすぐ進まず曲がってしまいました。
それから蹴伸びをしてドルフィンキックを3〜4回入れてから片手で掻きながら浮上する練習をしました。
次は手の動きでした。前腕で水をキャッチして大きく手を回しました。私は前腕で水をキャッチしてお腹に水圧がかかるようにしてから水上は大きく回しました。よく進むように感じました。
早く進むためには動きを早くするようにと言われました。要するに手を早く回すのでした。それで今度は手を全く曲げずにぐるぐる回して15mを25回ぐらい回すようにと言われました。ギリギリ25回、回しました。ただ手を回すだけはすごく疲れることがわかりました。色々なアプローチでクロールを泳ぐことによって私にも手と足のコンビネーションと姿勢の重要性がだんだん理解できるようになってきました。やっぱり腕が疲れました。昼間は足を夜は腕を十分使いましたが、思いの外元気に帰ることができました。