Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

平泳ぎとバタフライと腰痛改善

木曜日のいつものコースで!

昨日は朝からスポーツクラブに行ってすぐプールに直行しました。いつもより早めに行ったと思ったのですが5分ぐらい早かっただけでした。

まず自主練をしました。水曜日は休んだので昨日も元気に泳ぎました。ビート板を持って平泳ぎのキックをたくさんしました。股関節から曲げることを意識しました。しかし呼吸動作はあまりしませんでした。

レッスンは平泳ぎからでした。蹴伸びの後、先月練習したキックの復習でした。お腹に力を入れて股関節を曲げることを意識してあとは自然にキックしました。キックの後は2秒ぐらい伸びるようにと注意がありました。伸びるのはもっと長くても出来そうでした。何回か練習してから2回キックして呼吸を入れる練習を2回しました。どうしても呼吸した後の動作が中途半端にうまく出来ません。平泳ぎ本来の1回呼吸のキックにしたらもっと伸びることができなくなってしまっていました。さらにビート板がブレーキになってしまいました。

続いてバタフライでした。蹴伸びを1本してから気をつけでキックをしました。何も言われなかったのですが一応いつものように肩甲骨を寄せることを意識しました。やっぱり頭を持ち上げられました。次に上向きで水面でバサロを気をつけ姿勢で行いました。少し顔に水がかかりましたがなんとか先週の感じでできたかなあと思いました。そして手を前に伸ばして肩甲骨を動かしながらキックしました。上向きのキックも練習した後だったのでキック動作がスムーズに出来たように思いました。今度は4回キックしたら手を回すようにと言われました。しかしはじめに4回手を回してから手を回すとキックのタイミングがずれたように思ったので3回キックして手を回すのに変更しました。そうすると普通のリズムで泳げました。毎回同じようなうねりで泳げるようにということのようでした。それからバタ足をしながら適当なタイミングで手を回すようにと言われました。コーチの見本はキックのしぶきがすごくてビックリしました。残念なことに白い水しぶきで手の動きは良く見えませんでした。これはフラットなスイムにするための練習ではないかと思いました。あまりうねれないけれどバタ足をしているので手は十分まわりました。うねろうとした人もいたし、手を回すときキックが止まると言っている人もいました。一応キックは止まらずに手を回しました。

腰痛改善水泳が始まるとコーチが子供のレッスンに使う赤い台をたくさんプールに沈めました。私たちはかかと歩きと両足で飛びながら進みました。それから台の上で片足立ちをして前に伸ばした足の足首を曲げて脛に力を入れました。それからスクワットの練習でした。膝が足より前に出ないように、脛に力を入れて顔は前を見る、腸腰筋を縮めてお尻を後ろに突き出すを意識するようにと言われました。股関節に自分の手が挟めることを意識しました。ここまでは頑張ってやってみたのですが、立ったときは脱力してしまい、最後にお尻に力を入れるところはできていなくて注意がありました。立った時はお尻が固くなっているとよいそうです。それで次からは一連の動きをゆっくり意識しながら練習しました。今回大半をスクワットの細かい姿勢の注意と何回もスクワットをしました。結構な回数やったと思います。膝が前に出そうになる人は壁に近づいて膝がさわるぐらいを目安にすると良いと言われました。

残りは肩を回したり首を回して終わりました。今回練習したスクワットは身体全体に効くし、平泳ぎのキックにも役立つなあと思いました。時間をかけた分やり方を細かく教えてもらったので正しく練習出来そうです。家でもできる運動がまた一つ増えてきてしまいました。

f:id:Appleminto:20211104190546j:image