Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

2%の余地

ゆとり

昨日はスポーツクラブに行ってヨガに出ようと思っていたのですが、寒くて雨も降ってきたために行きませんでした。それで図書館で借りてきた本を読んで過ごしました。89歳で亡くなったノートルダム清心学園の理事長 渡辺和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」というかつてベストセラーになった本です。特に印象に残ったのは「信頼は98%、あとの2%は相手が間違った時の許しのためにとっておく。」という許すためのゆとりでした。「「人間は不完全なものです。それなのに100%信頼するから許せなくなる。100%信頼した出会いはかえって壊れやすいと思います。「あなたは私を信頼しているけれども、私は神様じゃないから間違う余地があることを忘れないでね。」ということと、「私もあなたを他の人よりもずっと信頼するけれど、あなたは神様じゃないと私は知っているから、間違ってもいいのよ」ということ…。そういう「ゆとり」が、その2パーセントにあるような気がします。」」と書いておられました。ほかにも心に響く言葉が随所に散りばめられていて一気に読みました。 

置かれた場所で咲きなさい