Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

スイムトレーニング

パワー系2回目は…

昨日はこの冬1番の寒さでした。スポーツクラブに来る人は少ないかな?と思ってお昼過ぎに行ったらいつもより多いくらいでびっくりしました。
最初はマシンで筋トレをしました。それからプールに行って蹴伸び、キック、プルの練習を一通り行いました。
レッスンは、
W-up 50× Choice
この後は足を使いませんとコーチに言われて、みんなプルブイを持ちました。
Pull 25×6 Fly 
プルブイを足に挟んで、普通に泳ぐのではなく前に十分伸びたらキャッチして後ろまで掻いて素早く前に戻すことを連続して行いました。そこそこ進んだのですが、コーチに「キャッチしたらすぐ掻いて!」と言われました。私はキャッチした手をのんびりと後ろに掻いていたのでした。
2日に他のコーチが「手は水中では速く、水から出たらゆっくりでいいです。」と言っていたのを思い出しました。私はどちらもゆっくりだったのです。すべての泳ぎに共通なことだと思うのでこれから4種目とも気をつけようと思いました。
Pull 25×6 Fr ヘッドアップで
プルブイを足に挟んで、顔は全部水面に出なくてもいいけれど、お腹に力を入れてと注意がありました。
私は顔がほとんど水没していましたが、足を上げ、腹筋に力を入れて泳ぎました。4本は手を早く掻いて必死で泳ぎましたが、残り2本は手をもっと後ろまで長く早く掻いてみるとスイスイと進みだしました。少し要領がわかったような気がしました。コーチがビート板で流れを止めていたのですが私は横向き呼吸で乗り切りました。
リレー
2人一組になって前の人がストロークをして後ろの人は前の人の足首を持ってただ浮いています。25m泳いだら後ろの人と3番目の人が組になって2番目の人がストロークをします。2コースに分かれて行いました。実は途中で2人一組の後ろでコーチが足を引っ張り進まないように負荷をかけました。そうすると手を掻いてもほとんど進まず足を持っている人は呼吸がやりづらくて水中で進んだ方が楽なぐらいでした。いつもは苦しい2人一組の練習でしたが、楽しみながら練習できました。
C-Down 50×1 Choice
クロールで泳いだのですが、キャッチしたら水中で早く手を掻くようにしたらスイスイ進み、前の人に追いつきそうになりました。いい感じにできて嬉しいです。