Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級バタフライと中級クロールと初級平泳ぎ

スポーツクラブに長い時間いました。

昨日は朝からスポーツクラブに行きました。暖かな日だったのでヨガから参加しました。寒がりの私はそれでも用心して暖かくして参加しました。終わってから急いでプールに行きました。バタフライはウォーミングアップの後、リカバリーを低めに大きなストロークで片手バタフライをノーブレスで泳ぎました。次に1回掻いたら前で両手を合わせてパチンと鳴らしました。私は最初上手く出来なくて立ってやり直しました。しかしパチンと両手を合わせた時第1キックを打ったのにキャッチでまたキックを打ってしまって、気がついたら直したりの繰り返しでした。それからスイムでした。「前と後ろで手に力を入れている人がいますが、プッシュの勢いで前にエントリーすれば良いのです。」と言われました。それでプッシュを強く意識して掻くと良い感じなのですが、いつもと違って非常に腕が疲れました。バタフライでも、いつもは腕には力を入れていないことがはっきりわかりました。最後にスタートと浮き上がりを練習しました。

続いてクロールでした。今月はキックの練習だそうです。ウォーミングアップの後、ビート板を持って上向きキックを2本練習しました。それから手を上に伸ばしてビート板を持ってキックしました。次にビート板を持って横向きキックを左右1回ずつ練習した後、苦手な方で(私は右手ですが…)もう1回行いました。それからビート板に片手を乗せてもう片方の手をそばに置いて、普通にキックをして手を水中で後ろまで掻いたらしばらく横向きキックをして手を水中で前に戻す動作を繰り返しました。横向きキックは下側の足のキックが小さくならないようにと注意がありました。それからフォームを自分で気をつけながら泳ぎました。3本泳ぎました。いつもならそれで帰ってくるのですが、午後の平泳ぎに出たいと思ってこの後どうしようかと悩みました。ずっとプールにいるのは私の場合疲れてしまうと思って、一旦プールから上がりました。そして休憩をして再度プールに入ったのでした。

平泳ぎのレッスンではまずキックの練習でした。足の裏が水面を向いたまま膝を130度ぐらいまで曲げたら足首を外に曲げて水を後ろに押せるようにします。このまま水を後ろに押しながら膝から下全体で水を真ん中に巻き込むのだそうです。まず体側につけた手でかかとをタッチしてから膝から下を巻き込んで両足を揃えました。それから2キック1ブレスで泳ぎました。何回か練習しているうちに私は右の太ももが2回も攣りそうになってきました。少し自分なりにストレッチしたりしましたが、今度は左足の太ももが攣りそうになってきました。力を入れすぎたためか、長い時間プールにいたからなのかわかりませんが、太ももが攣りそうになったのは初めてでした。いつもならこれぐらいで疲れないのにと思いました。今度は平泳ぎのプルで足はバタ足を入れて進みました。手はいつもの平泳ぎより広めに開いて進みました。最後に普通に1回平泳ぎを泳ぎました。長い1日でした。

Big Al Meet