Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎ

今月最後のレッスン

昨日は夕方スポーツクラブに行きました。いつもより少し遅くなったのと、知り合いに会っておしゃべりをしていてプールに行くのが遅くなりました。
いつものように一通り自主練をしました。
レッスンはまず水中からの蹴伸びでした。一旦体が水面に浮いてきたら息を吸って肺に息を貯めてさらに伸びるようにと言われました。真っ直ぐ壁を蹴れるように慎重にスタートしました。旗の近くで体が浮上したので息を吸って水面でさらに伸びました。今までで一番伸びたように思いました。今度は水中スタートして体が浮上してからキックをしました。足の小指側を巻き込むように内側にキック2回しました。次にローリングの説明がありました。上半身だけ動かすようにと言われました。また水をキャッチしたら勢いよく体側まで水を後ろに押すようにと言われました。コーチの手を見てみると体側で手首を曲げてプッシュして最後に手首を伸ばしていました。私はまだここまで細かくできません。片手背泳ぎを12.5mを右手、残りを左手で2回行いました。キックを入れておこないましたが、体幹を安定させるためにプルブイを足に挟んですると良いようです。そしてスイムでした。手は1軸ではなく2軸で肩の延長線上を抜き上げるように、入水はできる人は手首を返して指全体で行うようにと言われました。
今度はプルブイを足に挟んで頭を上げてストロークの練習をしました。コーチは足が下がっていましたが、私がすると足は持ち上がったままでした。おそらく頭がそれほど上がっていなかったのだと思われます。しかし疲れるわりにはなかなか進みませんでした。残りでバサロキックの練習をしました。
水中スタートして蹴伸びからバサロを最低3回、できれば5回、可能ならば7回入れるようにと言われました。浮き上がりはバタ足で浮上するようにと言われました。私は水中スタートした後の蹴伸びが短くてバサロなら7回入れることができました。体が水面に出てバサロをするのは大会では失格になるそうです。それを踏まえて水中スタート、バサロキック、スイムとつなげていきました。
背泳ぎは私の好きな泳ぎなので細かいところまで気をつけて練習していきたいと思っています。

Swim Meets 2012