Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎ

泳ぐ前にすでに筋肉痛

昨日は朝からスポーツクラブに行き、エアロビクスで汗びっしょりになりました。次にジムで筋トレをしてからワンポイント筋トレを受けました。本日は背中でした。今までで一番たくさんの人が参加していました。それからボールを使った骨盤キュアのレッスンを受けました。筋トレ系ばかり続いて行ったので、すでに体が筋肉痛になっていました。
プールに行くとほとんど時間がなかったので軽くクロールを泳いでからレッスンを受けました。
まずキックからでした。背泳ぎは足を少し内股にして両足の親指が軽く触れるぐらいにして外側から巻き込むような感じでキックすると良いそうです。1回目のキックの後、キックするには股関節を締めるようにすると良いそうで、ゆびを股関節に差し込むようにしてキックをしました。違いがわかりにくかったのですが、そこそこ進むのでまあいいのかなと思っています。
次にストロークの説明でした。手を伸ばしたら肩より後ろに手を伸ばし、肘を肩と同じラインに曲げてそこから下にプッシュします。泳いでいるときにも直されましたが、肘を肩と同じラインにしてキープするのは苦しいです。すぐに肘が下がってしまいます。ここがまだネックになっています。
片手をプッシュするときに同時に片方の手を上に伸ばすとより推進力が増すようです。なかなかタイミングも難しいです。水面に浮くように泳ぐと良いそうです。見本を見せてくれましたが、アメンボが水面を滑るようなイメージなのかな?と思ってしまいました。
残り5分で水中スタートの練習をしました。体をまっすぐ下に沈めたらできるだけ早く顔を天井に向けてまっすぐ水中を進みます。旗までは進めるようにと言われて1回だけ練習しました。本日はバタ足で行いました。終わってからまた少し練習してみました。だんだん慣れてはきましたが、まだまだです。
何回か背泳ぎの練習をしていたら知り合いの女性がレッスンの時の私のストロークを見ていて左手が変だと教えてくれました。もう一回泳いでみてもらうとなぜだか左手はパーの手になっていて5本指が開いていました。どうも左手に力が入っていたみたいでした。それからは意識して直しました。自分では気がついていなかったので言ってくれて嬉しかったです。