Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

初級背泳ぎと中級背泳ぎ

猛暑日で暑すぎ

昨日も朝から暑くてたまりませんでした。わが家では最近24時間エアコンをつけっぱなしです。もうどこにも出かけたくない気分でした。しかし暑い中自転車でスポーツクラブに出かけました。ヨガが始まるより早めについたので、ストレッチポールで背中や足をコロコロほぐしました。ヨガは緩いので、前日の筋肉痛をほぐすつもりで参加しました。

終わってプールに行きました。背泳ぎのレッスンはすぐ始まりました。いつものように好きな泳ぎを2本泳いでからキックでした。手を上に伸ばして上向きキックを2本行いました。次に先週も練習した横向きキックです。伸ばした手に顔をくっつけて、顔は上向きで行いました。先週は身体も上向きになっていてコーチに注意を受けたので今回は注意して泳ぎました。右手伸ばしを2本練習しました。次に気をつけで右片手背泳ぎを行いました。それから左片手背泳ぎをしました。キックが止まっている人がいるので止まらないようにと注意がありました。私もほんの数か月前に同じようなことを注意されたのを思い出しました。

それからスカーリングでした。まず止まったままで腰掛け姿勢で40秒間のスカーリングを2本行いました。2本目は顔が沈みそうになりましたが、何とか沈みませんでした。次に上向きでキャッチの練習として頭の方に進むスカーリングをしました。両手は少し横に広げて手が水面に出ないように気をつけて、さらにキックも入れて練習しました。12.5mスカーリング、残り背泳ぎを2本して初級背泳ぎが終わりました。

次は中級背泳ぎでした。1本目は好きな泳ぎ、2本目はクロールのリカバリーで指先で水面をなぞりながら泳ぎました。ウォーミングアップの後、コーチがクロールのキャッチがスムーズにできていない人がいると言われました。エントリーした時手を水中に入れすぎていて、そこからそのままプルに持って行こうとしている人がいるということでした。キャッチしているところがないということでした。肘を立てることができていないのかなあと思いました。私も長い間それができていなかったところでした。水中の動きは難しいなあと思いました。そして私もまだ出来ていない時もあるように思ったのでした。成人水泳でクロールを基礎に戻って教えてもらったことを今はすごく良かったと思っています。やっぱりみんなで一緒に泳いでいても自分の泳ぎを直すのはなかなか大変なことだからです。

それから両手背泳ぎをしました。この時もキックが止まらないようにと注意がありました。2本行いました。次にキャッチアップ背泳ぎを2本泳ぎました。私は両手をきちんと揃えていなかったので直されました。そしてスカーリングで練習したキャッチを意識して普通に背泳ぎを泳ぎました。背泳ぎの手はどちらかが必ず水面に出ていなくてはいけないのだそうです。それで今度はそれを意識してもう1本泳ぎました。次にキックを打たずに手の回転スピードを上げて泳ぐようにと言われました。私は全く足を使わないとおそらく泳げないと思って2ビートで泳いでしまいました。しかしすでに足を使わずに泳いでいた人がたくさんいました。今度は足をクロスして泳ぐようにと言われました。私は途中で足が下がってきて立ってしまいました。すると後ろの人が追いついてきてしまいました。私は元々どの泳ぎもキック優先なので、すごくハードルの高い練習でした。

最後に今回はターンの練習をしました。背泳ぎは壁に片手をついた後も下向きになってはいけないので横向きで身体を小さくして回ってバサロキックにつなげます。1回目は練習してみるとターンしても潜れずに水面を移動してしまいました。2本目はコーチが見ていて今回もたまたまうまく出来ました。しかし3回目は壁に身体がつきすぎてコースロープの方に曲がってしまいました。

毎回背泳ぎのレッスンはキックも含めて全て水中スタートでバサロキックを入れて練習するようにと言われているので頑張って練習しています。しかし息を吐き続けず、止めてしまったりするのでいつも鼻が痛くなってしまいます。水を飲んでしまうことはありませんが…。最近レッスンで鼻栓をして泳ぐ人が増えてきました。私はまだそこまではしていません。

DSC08240