Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

スイムトレーニング

平泳ぎのドリル

昨日は朝涼しいかな?と思ったけれどお昼にはやっぱり蒸し暑くてなってきました。午後からスポーツクラブに行きました。自転車に乗っていると暑くて休みたいなあと思いながら行きました。スイムトレーニングに出るつもりでスタジオ用の靴もウエアーも持ってきていなかったので頑張って泳ぐことにしました。時間前になっても先週ほど人がいなくて不安だったのですが、始まると先週来ていなかった人も参加してほとんど同じぐらいの人で泳ぎました。
本日のテーマは平泳ぎでした。
W-up 50×2 Choice
Kick 25×4 1'00"
先週に続いて水中ドルフィンでした。私はどうしても1本につき2回立ってしまいます。できるところまで息を吐き続けようと思うのですが途中で苦しくなります。特に真ん中から残りが短くなってしまいます。できたら立つのは1回にしたいと思っています。
Drill(Kick) 50×3 2'00
行きが平泳ぎの背面キック、帰りが普通のキックでした。
背面キックでは、最初に「膝が水面から出ないように。」「膝が開かないように。」と2点の注意があったのに、私はできなくてなかなか進みませんでした。三回目にはコーチに膝をビート板で押さえられ「膝が出ないように。」と注意されました。わかっているのですができないのです。最近平泳ぎのキックに迷いが出てきて、できなくなってきています。
Drill(Swim) 25×6 1'00"
大変だったのが平泳ぎのヘッドアップでした。「できるだけ顔を出して、目は絶対出してください。」と言われました。途中で沈みそうになりながらキックもストロークもすごく一生懸命頑張りました。終わった時私たちのコースの人はみんな顔が赤く火照っていました。
Swim 25×4 1'00"
行きは平泳ぎの伸びを意識したスイムを、帰りはスピードを意識してストローク数を同じにするようにと注意がありました。ヘッドアップスイムで疲れて思うように泳ぐことができませんでした。ただ上半身をいつもより上げて泳ぐことができました。私にとってヘッドアップスイムは特に役立つドリルだということに気がつきました。やっぱり疲れることをやらないと上手にならないのかなあと思いました。
C-down 50×2 Choice 
Total 700mでした。
本日の感想は、平泳ぎは疲れる泳ぎです。