Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

山登り

山というほどではないのですが…

昨日は朝買い物から帰ってすぐにリュックにペットボトルとおにぎりなど必要なものを入れて家からすぐ見える山というほどではない低い山に登ろうということになり、行ってきました。私は楽勝だと思って行ったのですが、低いと言っても3つの山が連なっていて、道も整備されていなくて、落ち葉がいっぱいで滑りやすい道でした。それでも最初は登りだったので一歩ずつ頑張って登って行きました。たまに登り慣れた人にすれ違いました。2つ目の山の頂上らしいところでおにぎりなどを食べて休憩しました。来た道を戻っても良かったのですが、頑張ってもう一つの山も越えていこうということになり、私も頑張るぞと思ってついていきました。しかし頂上はすぐであとは下り道でした。緩い勾配の方を通ればよかったのですが、近道だと思い、直線状に下に向かって降りて行きました。落ち葉がぎっしりで道はあってないような感じでした。木にロープが張られていてそれを伝って降りて行きました。しかしとても滑りやすくて、靴で滑り降りたり、お尻から滑り降りたりしていましたが、横向きで降りた方が良いというのでゆっくり横向きで降りて行きました。しかし何度も滑って立ち上がるのが大変でした。それで今度は後ろ向きでロープをしっかり握って足を踏みしめながら降りて行きました。ところどころロープが切れてないところがあって、やっぱりお尻から滑って降りました。何回も滑り降りているうちに右の膝から脛あたりをぶつけてしまいました。痛かったのですがここで油断すると危ないので必死でした。ロープをしっかり握っていて手も痛くなって来ました。結局麓に降りるまでロープ伝いでした。低い山でも油断は禁物です。

f:id:Appleminto:20191208144342j:image

f:id:Appleminto:20191208144538j:image

f:id:Appleminto:20191208144828j:image

この山を稜線伝いに降りて来たのでした。