Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロールとトレーニング

暑い日でした

昨日は朝から暑かったので日中は出かけず、夜にスポーツクラブに行きました。すぐプールに行くと子供のレッスンがないので空いていました。
トレーニングは
W-up 50×2 1'20" Choice 
Swim 50×4 1'30" 25m/Fr.25m/1M
いつもと違ってクロールを泳いでからメドレーを順番に泳ぎました。
Swim 100×2 2'20" 1)1M.2)Fr
メドレーは前の方でおよぎましたが、遅いクロールは後ろの方に下がって泳ぎました。
Kick 25×8 '55" 1M
ノーボードで2回ずつキックしました。ドルフィンキックは横向きで呼吸しました。
Swim 25×6 '50" 1M
2回ずつ泳ぐ予定でしたが時間切れでクロールを省略しました。
終わったらコーチが疲れていると思いますので十分ダウンしてから帰ってくださいと言ったので100mダウンしてから次のレッスンに出ました。
レッスンの最初に全員25mを泳いでからコーチの説明がはじまりました。
まず蹴伸びからキックを2本行いました。アップキックの方が強すぎると膝折れになりやすいのでダウンキックにもう少し力を入れてくださいと言われました。
次に真ん中まで右手を、真ん中から左手を伸ばしてキックしました。このとき体がフラフラぶれないようにと注意がありました。私は気をつけても左伸ばしの姿勢が安定しません。
それから真ん中まで右片手クロール、真ん中から左片手クロールで泳ぎました。
そしてクロールのストロークでは脇を十分伸ばして、手も伸ばして、肘を高くすることはあまり考えずに泳ぐようにと言われました。このように泳ぐと自然と手が前に入水できるそうです。ブンブン回しとはちょっと違うようでした。
今度はグーの手で泳いでみました。キャッチができないと進みが悪くなることを体験するためでした。
それからクロールで5ストローク泳いだ後、くるっと180度回って背泳ぎで5ストローク、また回ってクロールという感じで呼吸の姿勢の練習をしました。これは問題なくできたように思います。
最後にターンの練習をしました。壁に片手を着いたら、足を壁に寄せて、伸びたもう片手の方は動かさないようにと言われました。そして壁についた方の手を伸びた手に重ねるようにするそうです。さらに足を壁につけたらストリームラインをしっかり整えてから壁を蹴るようにと注意がありました。ここで姿勢が十分整っていない状態で壁を蹴るとあまり距離が伸びないそうです。私のターンがまさにそうです。スタートと同じぐらいターンでも進めるように練習してくださいと言われました。レッスンが終わって、1回だけターンの練習してから25m泳いで帰ってきました。

USA Swimming