Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

代講でした

昨日は少し疲れが残っていましたが、お昼前にスポーツクラブに行きました。4日ぶりに筋トレを行いました。それからプールに行って自主練を行いました。横向きキックは蛇行してしまいます。伸ばした手がまっすぐ上ではなく曲がっているのだと思います。自分では見えないですが他の人の泳ぎを見ていてそうだろうなあと気がつきました。今度からもう少し気をつけてみようと思います。
プルブイをつけてのバタフライはキックを入れてしまいますができるようになりました。
クロールは手の入水のタイミングに気をつけることと、ストロークは浅く掻くように心がけました。
ストローク数はできるだけ数えるようにし、自分の調子を見る基準にしています。
レッスンは本日は代講でしたが、木曜日のスイムトレーニングのコーチなので特に緊張することもなく行いました。
レッスンはビート板を持って、まず4拍子のリズムで呼吸を入れてキックをしました。2本行ってから歩いて片手クロールをしながら呼吸の練習をしました。呼吸の時、頭の中心は動かさずに横に回すだけで、体の軸をまっすぐにするようにと注意がありました。私は4拍子の呼吸の時はいつも右呼吸ですが、せっかくなので本日は両方を1回ずつやってみました。どうも呼吸の時は頭が動いてしまっているみたいだからです。片手クロールのスイムになった時、頭が動いていたようでコーチに頭の位置を直されました。右呼吸だとやっぱり軸がぶれているようです。それでスイムになった時、左呼吸でやってみましたがやっぱり直されてしまいました。自分では右ほどはぶれていないように思えたのですが…。一応呼吸は左右どちらでもできるので両方練習してみて最終的に決めようかと思います。本当は左右呼吸で泳ぐのが一番好きなのですが、レッスンではしないので。
ここでコーチから「呼吸は吐いた分だけ吸うことができること。目一杯息を吸うと体が緊張してしまいよけいに力が入ってしまい長く泳げないこと。」の注意がありました。普通に呼吸して普通に泳ぎだすのが一番良いそうです。
最後に手と足が対角線になるように力を入れるとバランスが良いということで、2ビートで練習しました。コーチの見本は足が魚の尾びれのように2本の足が絡んで一体化しているように見えました。
こんな風にキックができると抵抗が少なくグーンと進むように思いました。私たちが泳ぐと2本の足がだらっとしているので力が分散されるのだろうと思いました。