Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

平泳ぎの日

仕上げ段階に…

昨日は、お昼前にスポーツクラブに行きすぐプールに直行しました。レッスンまで50分ぐらいあったのでいつものように自主練をしました。まだまだクロールのハイエルボー、背泳ぎの水中スタートとバサロキック、バタフライの体重移動、平泳ぎのストロークはうまくできませんでした。レッスンは蹴伸びからでした。綺麗なストリームラインを目指しましたが思ったほど進みませんでした。次にキックした足を手で触って確認しながら進みました。キックは心持ち体のラインより下げた方が抵抗が少なくて良いと言われました。それからビート板を持ってコンビネーションのタイミングを意識しながらキックしました。私はキックの方向に注意しながら行いました。その時はOKと言ってもらえました。そして手の説明がありました。キャッチした手が体の真ん中にきたら脇を締めて前に重心移動しながら伸びます。あまり手を広げない方がよいのかな?と思って狭くしたら、泳いでいる時コーチが「手をもっと広げて!」と言われました。私は極端にせまくなっていたようでした。広げすぎてもそれは抵抗になるので良くないらしいです。ちょうど良い加減が難しいです。スイムの時手をすごく意識して泳ぎました。1回目は全然ダメでしたが、2回目はいいですと言ってもらえたのですが手がすごく疲れました。3回目はタイミングが今ひとつでした。一つ気をつけたら他を忘れてしまいます。コーチも「一つ一つ注意したことを積み重ねていくと絶対泳げます。一つ気をつけたら一つ忘れるということがないように頑張って練習してください。」と言われました。平泳ぎは奥が深いと感じました。