Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

今年最後の土曜日平泳ぎ

いつもどおり…

昨日は、お昼前にスポーツクラブに行きました。平泳ぎのレッスンまで少し時間があったのでいつも通り自主練をしました。
レッスンでは、まず手でかかとを触りながらキックの確認をしました。足はまっすぐ後ろではなく少し下に向かってキックすると良いそうです。次にキックして蹴伸びを目一杯行いながら進みました。平泳ぎはこの蹴伸びで大半進むそうです。そしてビート板を持ってコンビネーションを意識してキックしました。私はまた太ももをぎゅっと合わせるようにサポートされました。おそらく内転筋が緩んでいたのだと思いました。最近筋トレをしてないからかもしれません。それからキックの時、もう少し膝を広げるようにもサポートされたのでキックが少し弱くなっていたようです。それからビート板を半分水中に沈めて負荷をかけてキックの強化を行いました。私は左右のキックがアンバランスになってふらふらしてしまいました。自分では以前から右足キックが左足に比べては弱いことには気づいていました。負荷をかけるとはっきりわかるものです。右足ばかり練習すれば良いのでしょうが今の段階ではやっていません。
それからストロークの説明でした。大きく体が持ち上がるほど上半身を上げなくても良いらしいです。女性は抵抗のない泳ぎを目指した方が良いそうです。私みたいに筋力もパワーもないと到底体は持ち上がりませんので…実際泳いでみると手を広げすぎて前に持ってくるのが少し遅れるみたいでした。キャッチしてから脇を締めて手を閉じるとき、コーチは私が思っていた以上にコンパクトな動きに直してくれました。これで大丈夫なんだなあと思いほっとしました。手を広げるようにかなり無理していましたから…また前に伸びた時両手を合わせたままと手のひらを下に向けて次の動きの準備をしているのを2種類泳いでみました。両手を合わせたのはいつもの私の泳ぎに近くて動作が細切れになるみたいです。手のひらを下に向けてキャッチの準備が整っている泳ぎは、流れがスムーズなように思いました。最後に一掻き一蹴りからのスイムを行いました。今年最後のレッスンでした。土曜日のレッスンは自分でも真面目に参加したと思います。来年は平泳ぎの仕上げだそうですが、そうなれるといいなあと思いました。レッスンが終わってからスタートの蹴伸びがうまくできていないので他の人たちと一緒に練習してみました。