読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

今月2回目のスクール

難しいけれど好きなバタフライ!

昨日は夜にスポーツクラブに行き、まずお風呂に入って温まってからプールに行きました。少し自主練をしてから初級クロールのレッスンに参加しました。最初は蹴伸びからでした。次に蹴伸びでできるところまで伸びたらそこからバタ足を真ん中まで、一回立ってまた向こうまで繰り返しました。今度はビート板を持って頭を水中にしまって呼吸のタイミングで手を回しました。それからプルブイを手首に固定して呼吸の時は片手を回しながらバタ足をしました。そして片手クロールの練習をしました。伸ばした方の手が水中には入らないように、また内側に入らないようにと注意がありました。左右行いました。最後に掻く手を前に入水したらさらに伸びてから戻し、両手を回したのですが、私はやったことがなくてわけがわからなくなりました。ぎこちない泳ぎになったのでずっとレッスンに出ている人にもう一回教えてもらいました。キャッチの動作のタイミングと一緒なのかなあと帰ってから考えてみました。今度は聞いてみよう…。

終わってからスクールでした。ウォーミングアップで50m2回の後、プルブイを手に持ってうねりの練習を25×2本の後、キックを入れていきました。私が、速いテンポでキックをするともっとゆっくりで良いと言われました。その分深く潜るようにと言われました。前回と違うバタフライの練習でした。第2キックで腰が上がらないようにと注意がありました。次に手で水を膝に向かって押すようにと注意がありました。今までと違って具体的に説明してくれたので、なかなか理解できない私にもちゃんと理解できました。両手をつけて泳ぎました。私は背中が反り返っているのでお尻を締めてみぞおちより下に力を入れるようにと注意がありました。しかし私はあまり深く入水出来ず、もっと深く入水するように再度注意がありました。身体が浮上するには深く入水すればそれだけ上に飛び出せるそうです。しかしその分浮き上がるのに時間がかかります。そして第2キックは膝が曲がっても良いので短く身体がまっすぐになるところで止まるようにと注意がありました。

プールの淵に手をついてキックで上半身が持ち上がるように練習しました。それは出来ました。この感じで泳げば良いのですが…。何回も練習しました。私はお腹に力が入っていないのが最大の原因で、キックをしてもそれを妨げている力になっているそうです。タイミングは良いと言ってもらえたので、腹筋と背筋を鍛えることが先決だということが自分でもよくわかりました。むずかしいし、奥が深いなあと思いました。バタフライは好きな泳ぎなので、いろいろな泳ぎ方を臨機応変に使い分けるようにできたらすごいなあと思いました。

Big Al Meet