読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

クロールの姿勢

失速しない人との違い

私はいつもクロールを長い距離泳ぐと失速してしまいます。それで失速しない人との違いを考えてみました。まず泳ぐ姿勢が違うように思いました。水の上を楽にすうっと進んでいるようなのです。背中や腰が水の上にしっかり出ています。私は呼吸すると足が大きく下がり、それを防ごうとすると頭も手も水中に下がっていきます。さらにターンに時間がかかるので、ターン後に前の人とぐうーんと差が開いてしまうのです。ですから結果、長くなればなるほど遅くなっていくのです。
少し調べてみました。腕や足の推進力に加えて、慣性を生かす姿勢が作れるようになると、さらに推進力が増すようです。
手は水面近くを保ちながら伸ばし、胸を腰よりも足よりも低く保ち、胸から頭は斜めに落ちていくような感覚が良いらしいです。まさに私があんな風に泳げるといいなあと思っている人の泳ぎそのものです。この感覚がつかめるように、これからは意識していこうと思います。

Swimming 2012