Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

泳ぐだけのつもりが…

昨日は体がだるかったので、軽く泳いで帰ろうと思ってスポーツクラブに行きました。するといつも早い時間から定員いっぱいで予約が取れないホットヨガが、まだ大丈夫だというので滑り込みセーフで予約が取れました。
熱いので隅っこの方で遠赤外線のパネルがあまりない場所に座りました。始まる前に水分をたっぷり補給してレッスンを受けました。500mlのペットボトルの大半を飲みました。今まではそんなに水分を取らなかったので脱水症状がおこっていたのかもしれません。
終わってすぐプールに行きました。ホットヨガを受けた後は寒く感じられるので自主練は休まず泳いでからだを温めました。
レッスンは代講で、若い女性のコーチでした。今月最後なのでまとめでした。最初に蹴伸びからでした。次にビート板を持って頭を水中にしまってキックを2回行いました。足は少し下げ気味にキックして最後に少し水面に上げるようにするとさらに前に伸びることはできるそうです。  
それからビート板なしでキックを2本行いました。ここまではあまり問題なかったのですが手の練習になりました。両手の前腕をくっつけて上げる練習をしました。それから手をつけて泳ぎました。
まず手首がくるくる回っている人がいますと言われました。私はプライベートレッスンの時によく注意されていたので、悪い癖が出たかなあと思いました。
キャッチしたら脇を締めて合わせた手を真っ直ぐ前に伸ばすようにと言われました。その時肩甲骨を広げるようにして少し背中を丸めると良いそうです。
手を前に差し出す時に上下運動のある人がいるとも言われました。上下動は入りませんと言われました。これは私ではないだろうと思いました。呼吸のタイミングはできるだけ遅くと言われました。また手が体の中心で止まっている人がいるとも言われました。できたら伸びている時イーチと長く、その後は手を前に伸ばすまではニッと短くと注意がありました。
私は前で1、2、3、プラス0.5ぐらい伸びてから残りの0.5で呼吸から手を前に伸ばすまでを行うようにしています。余り早くは進みませんがすご〜く伸びるようにはなってきました。
最後に一掻き一蹴りを入れて泳ぎました。コーチの見本はきれいに真っ直ぐ進んで最後の一蹴りで徐々に浮上していました。私たちの一掻き一蹴りは早くに体が浮上してしまって体が水面に出たままの一掻き一蹴りになっている人がいますと言われました。私は一掻きの終わりですでに浮上しはじめて一蹴りの途中で体は水面に出てしまっています。これはどうなのかな?と思いました。