Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

シンクロナイズドスイミング

初めてやってみました

昨日はスポーツクラブの祝日メニューで、シンクロ体験がありました。当日まで躊躇していたのですが、スイムレッスンもなかったので思い切って参加してみました。ほとんどの人が初めてでした。
私はテレビでしか見たことがありませんでした。シンクロナイズドスイミングは、水泳種目のの1つで、競泳のようにある距離を泳いでタイムを競うのではなく水深3m以上のプール内で音楽に合わせて肉体を動かし、技の完成度、同調性、構成、芸術的な表現力などの得点で競うそうです。シンクロにはフィギュアとルーティン の二つがあるそうです。帰ってから調べみるとフィギュアは技の完成度を競うもので音楽は使用しないそうです。ルーティンは音楽に合わせて1人から8人までの人数で演技するそうで一般にシンクロと呼ばれる場合はルーティンを指すようです。
私たちはまず、早く泳ぐのではなくて、音楽に合わせて、他の人と合わせられるようにしましょうとコーチに言われました。4拍子で平泳ぎを6回泳いだら7回めでは蹴伸びになってくるっとまわって上向きになってからキックで進みました。キックも早く進むのではなく足先をピンと伸ばしてきれいにキックしました。
それからスカーリングで、手を横に伸ばしたら肘から先を曲げて水を切るようにしました。こうするとその場で動かないで居られるそうです。次に手首から先を45度曲げて頭の方に進んでみました。これはできました。エールというそうです。次に上向きでプールの縁に足先を掛けて手はスカーリングしながら片足を上げる練習をしました。私は体がどんどんコースロープの方に動いてしまいました。この時まだ教えてもらっていなかったスカーリングのスネールという動作をするとプールの縁から足が離れないそうです。しかし私はできませんでした。しようがないので体が少し動きましたがそのまま片足を上げる練習をしました。十分足が上がりませんがそれでもなんとかできました。
そして上向きで両足を伸ばして右足をスルスルと左足に沿わせるようにして膝まで届いたらこの姿勢で一回りしました。よくわからずに行いましたが、一応一回りできました。
次に腰掛け姿勢で足を水面すれすれから両足を上げる練習でした。お尻は下げて体がV字のようになったまま行いました。この時手を広げた状態から前腕で水を後ろに思いっきり押すと足が上がり逆上がりの途中みたいな状態になりました。これで良いみたいです。ちょっと怖かったですができました。
それから2グループに分かれて音楽に合わせて仕上げました。
平泳ぎを6回、7回目は蹴伸びから上向きにそれからグループの人たちと輪になりながらキックし続けました。それからお姉さん座りで一回りして、腰掛け状態から足を上げて体は水中に潜らせました。一連の動作を何回か練習して最後に仕上げました。
最後にポーズをとって写真を撮ってもらいました。
基本動作のレッスンでは最初のレッスンで行った以外に背泳ぎで進みました。手を天井に真っ直ぐ伸ばして拍子を取りながら泳いで、今度は脇タッチをしながら泳ぎました。リズム良く泳ぎました。
最後には腹筋と背筋が疲れましたが、結構面白かったので頑張りました。