Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

1日に2度(2)

中級背泳ぎ

土曜日は頑張って昼間と夜の2回もスポーツクラブに行きました。

最近夜のレッスンはできる限り参加するようにしています。人数も比較的少ないし、目指せマスターズの前ということで上手な人がほとんどなのです。さらに内容も盛りだくさんなので、私はすぐにはできませんが、聞くだけでも勉強になります。

今月最後の背泳ぎだったのですが、キックの練習はビート板を背中の下に置いて手は上に伸ばして行いました。最初に「ビート板がフラフラ動く人は体の軸がまっすぐに出来ていません。また体が左右に大きく動きすぎています。」と言われました。それからキックを始めました。案の定私は、ビート板が体から離れて行きそうで、手でビート板を押さえて進みだしました。ゆっくり手を上に伸ばしたらビート板が傾きました。少しキックを入れたらビート板が体から離れてしまいました。気を取り直して小さいキックを入れてゆっくりゆっくり進んでみました。再度練習しましたが、1回はビート板が大きく外れて隣のレーンまで飛んで行ってしまいました。コーチにもしっかり見られてしまいました。私は、何回もビート板が外れたので軸が大きくぶれている証拠でした。さらにビート板を背中の下に置いたままスイムを行いましたがキックだけ以上に大変でした。私はキックは左が強く、ストロークは右が強いので、特に背泳ぎは蛇行してしまうのは悩みです。地道にビート板でドリル練習をしていきたいと思いました。

 残りはバサロキックの練習でした。まず水面で背面ドルフィンキックをしました。これは何回も練習しているのでできました。

次に水中スタートの練習でした。体を下に沈めて体をまっすぐにしてスタートしました。金曜日にバタフライの時にも水中スタートの練習をしたので息を吐きながら行いました。スタートの姿勢について質問している人がいたので一緒によ〜く聞きました。まず体をまっすぐに水中に沈めて目線は天井を見てストリームラインを作って体幹を使ってうねっていきます。スタート前の姿勢がすごく大事だということでした。

少しずつバサロキックの距離が伸びるようになってきました。本日の練習を踏まえて最後にスイムでした。私は調子に乗って長くバサロキックを入れていたら後ろの人に追いつかれてしまいました。

最後に質問をしている人がいて、長くバサロキックを入れた方が良いか?早めにスイムに切り替えた方が良いか?と聞いていました。上手な人はタイムの事を考えていました。私はできていないところばかりなので質問するところまでに至っていませんでした。

http://www.flickr.com/photos/7475921@N05/2574480994

photo by chucka_nc