Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

JAZZピアノのレッスン

There Will Never Be Another You

昨日は、JAZZピアノのレッスンでした。先生はときどき私のブログを読んでくださるので、私が腰痛になったのを心配して「レッスン日を変更してもいいですよ。」とメールをしていただいていたのですが、私はレッスンが終わるまで全くそのことに気づいていませんでした。私は痛み止めを飲んでいたので気にしないでレッスンに行っていました。先生お気遣いいただき申し訳ございませんでした。
この曲は、東日本大震災の頃にソロで練習した曲です。日本のミュージシャンが「アナザー・ユー」と略して呼ぶほどJAZZのスタンダード曲です。この前の発表会でこの曲にしようかと迷った曲でもあります。今回はセッション形式で練習します。ベースはベーシストが弾くのでピアノは、バッキングです。例えばE♭major7だと左手で下からソドファと弾き、右手でシ♭ミ♭というように押さえます。このようなヴォイシングを最後までして、前回ソロで弾いたアドリブを前半に後半はもう少し複雑にして弾くことになりました。バッキングのリズムは、即興でということにしました。ヴォイシングはなかなか覚えられないと思っていましたが、手が勝手に動いてなんとなくできてくるので不思議です。ある程度数をこなすと自然に手が覚えてくるのかもしれません。今年最後のレッスンはこのようにして終わりました。