Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

紫外線の怖さ

紫外線について知る

最近ウォーキングをしていると日差しが強くなったので日焼けが気になってきました。それで紫外線について調べてみました。

肌老化の7割は、紫外線による光老化だそうです。紫外線を全く浴びていなくても年齢とともに生理的老化は起こり、日に当たりやすい手の甲や顔には光老化も加わるそうです。露出しにくい太ももや腕の内側の肌と比べると、その違いが明らかだそうです。
紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)があります。A波は、B波より弱いものの波長が長く、皮膚の深いところまで届き、肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを破壊するため、シワやたるみを引き起こすそうです。A波より強いB波は、表皮に炎症を起こし、細胞を傷つけるそうです。細胞内にあるDNAには自己修復機能もありますが、くり返しダメージを受けるとそれが働かなくなり、がん化する場合があるようです。DNAを守るため、紫外線を浴びるとメラニン色素が作られ、それが肌を黒くし、やがてシミになるというわけです。

本当に効果のある紫外線ケアとはどうしたらいいのでしょうか?
屋外では、太陽からの「直射光」だけではなく、直射光が大気中の分子に当たって散乱した「散乱光」、直射光が壁や地面で反射した「反射光」と、3方向からの紫外線を浴びることになるそうです。晴れた夏の日中は、直射光の1.5倍の散乱光が地表に達しています。反射光は反射面の状態で異なり、土や草地では直射光の10%以下、アスファルトで約10%、水面で10~20%、砂浜で10~25%、新雪では80%にも上がります。日傘や帽子だけでは、散乱光や反射光を防げないそうです。それでサングラス、UVカットの洋服やスカーフ・手袋、日焼け止めなどが有効なのだそうです。
また、普通の窓ガラスは紫外線を70%くらい通してしまうので、UVカットのカーテンをかける、屋内でも日焼け止めを塗るなどの対策をするとよいそうです。特にA波は天気や季節に関係なく地表に届くといわれるので、曇りや雨の日でも紫外線対策は必要なのだそうです。

f:id:Appleminto:20200513143137j:image