Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

ストロークは上半身を使って…

昨日は、朝病院に行って治療かと思ったらまだで、痛み止めだけもらって帰ってきました。年明けからになりそうです。早く帰ってきたのですぐスポーツクラブに行くことができましたが、今は泳ぐだけしかやっていないので、ゆっくり行きました。それでもレッスンの1時間半も前に行きました。1週間前に腰痛のことを話した知り合いの女性が「どうなの?」と聞いてくれたので病院で言われたことや、カルシュウムを増やす食事のことなどを話しました。その人はぎっくり腰になったことがあって非常に痛かったらしいです。ですから参考になることをいろいろ教えてくれました。
それから自主練を行いました。キックは50×4種目行い、プルブイを使ってのクロールは、スイムトレーニングで習ったことを順番に行い、背泳ぎは片手背泳ぎや、キャッチアップ背泳ぎもやってみました。
平泳ぎは3キック1ブレスや普通のスイムをやってみました。
レッスンでは、まずビート板をお腹に乗せて上向きキックをしました。この前ビート板をお腹から離してはいけないと注意されたのでくっつけたままキックするようにしました。ちょっとスピードは落ちていましたが…次はビート板にお尻を乗せて上向きキックを行いました。膝が水面から出てもいけないし、膝を広げすぎてもいけないし、なかなかやりづらいです。そして下向きのヘッドアップキックを行っている時、コーチが「足をもう少し巻き込むように。」と言って足をサポートしてくれました。それでやっともっと足を回すようにしていいんだとわかりました。次はストロークの説明でした。手は前に伸ばしたら親指を下にして15度くらい傾けてキャッチして、肘から下だけで水を集めて両手を合わせてここで体を持ち上げるようです。その時呼吸するのだなあと思いました。そして素早く手を思いっきり前に伸ばして伸びるそうです。歩きながらやってみましたが難しそうでした。最後にスイムでした。難しいとは思いましたが上手な人はどうして体が持ち上がっているのかがわかりました。ただ形だけ真似てもダメだろうし少しずつできるところからやるしかないです。最後にコーチが見本の泳ぎを見せてくれました。キックもすごいけれどストロークがもう自分とは別物でした。