Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

暑いです

昨日は10日ぶりの晴れでしたが気温も上がりとても暑かったです。お昼前にスポーツクラブに行き、ジムで筋トレをしてプールに行きました。
自主練はキックを一通りと前日注意された姿勢に気をつけて蹴伸びの練習も行いました。
また水中ドルフィン、プルブイをつけて両手背泳ぎとキャッチアップ背泳ぎもやってみました。キャッチアップ背泳ぎはなるべく手をまっすぐ後方に押すことによって進みが良いように思いました。少し体が揺れますがなんとかできました。
クロールは呼吸の後の手の入水が深くならないようにだけ気をつけて泳いでみました。平泳ぎはキックの方向を変えてみたりしながらちょっとだけ泳いでみました。
レッスンは、まず姿勢の話がありました。手で耳を挟んで手と首をくっつけるようにすると自然にお腹が締まるそうです。ここが私のできていないところでした。体に一本の軸が通っているようにして蹴伸びしてバタ足をしてから泳ぎ始めるようにと言われました。確かコーチが「一本の糸か紐のように…」と言っていたのでピンと張らないと真っ直ぐにはならないということらしいです。そして25mを2本ウォーミングアップで泳ぎました。次は無呼吸でこれも2本泳ぎました。先週に続いて無呼吸で25m泳ぐことができました。
そしてビート板を持って頭を水中にしまって1、2、3、パッと前呼吸しながらバタ足をしました。呼吸の時キックが止まらないように注意がありました。
次に肩のローリングの練習でした。片手を伸ばし、反対側の肩をあげて手は体側につけて、頭はまっすぐ固定してバタ足をしました。真ん中で手を交代して25mを2本行いました。伸ばした手は少し水中に入れて手はキャッチのかたちにできる人はするようにと言われました。今度はキックを6回打ったら手を交代しました。最後に普通に泳ぎました。一番最後にビート板を手で押して水の動きの説明がありました。手で押したビート板の前の水は盛り上がっていました。ビート板の後ろは水面が下がって窪みがあります。泳いでいる時盛り上がるところが頭だそうです。ですからその位置より呼吸は低い位置でしないといけないそうです。そうでないと負のスパイラルに陥ってどんどん頭が上がってしまうそうです。その結果足が下がるそうです。納得しました。