Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

初級平泳ぎと中級平泳ぎ

1週間ぶりに泳ぐ

昨日は台風一過で澄み切った青空でした。何やかやで1週間泳いでいませんでした。先週代行の平泳ぎのレッスン以来プールに入っていません。久々なのでワクワクしながらプールに入りました。

15分ぐらい自主練をしてレッスンを待ちました。

レッスンはまず好きな泳ぎを2本泳ぎました。それからビート板を持ってキックの練習をしました。引きつけはゆっくり、しかし素早く蹴るようにと注意がありました。さらに蹴ったら両足を揃えるようにと注意がありました。次に少し下向きに蹴る練習をしました。進むのですがこの場合上半身が立ってしまいます。それは泳ぐと抵抗になるのでこれほど下に蹴るのはダメだということでした。次に後ろに蹴るだけの練習をしました。アジア大会の選手は大体後ろに蹴るだけだそうです。それだけ水を押す力が半端でなく強いからだそうです。この後ろに蹴るだけのキックは早く蹴らないといけないし、力がいるのですごく疲れました。我々は選手みたいに力がないので後ろに蹴って揃えるところまでした方が良いそうです。

次にいつもの腰掛けスカーリングは3分間連続でした。私は隣の人とかなり距離を空けて場所を決めていたのに、1分もしたら隣の人が寝そべったまま回りながら近づいてきてすぐそばに来てしまったので、しようがなく1回立って残りの2分は連続で行いました。腕が疲れました。

次にパドルを両手につけて犬掻きを練習しました。私はまた泡が出ていたので水中で掻くようにと注意がありました。手だけで進める人もいましたが、私はキックも軽く入れないと進みませんでした。12.5m犬掻き、残りクロールを2本練習しました。それから腕を直角に曲げてスカーリングをしました。1回目は自分なりにおこないましたが、2本目で、コーチに手の平がきちんと水に当てるように向きを直してくれました。進みが良くなりました。犬掻きの要領も少しわかってきたように思いました。しかし顔を上げては出来なくて顔を水中に入れてだとちょっと出来るようになりました。

休憩の後中級平泳ぎでした。まず1本は好きな泳ぎを、もう1本は平泳ぎで泳ぎました。それから2キック1ブレスを2本、3キック1ブレス、4キック1ブレスと練習しました。コーチは4キックになるとはやくキックをしないといけないので難しいと言っていたのですが、私は別にどれも同じように進みました。しかし4キックになると前の人にかなり早くに接近してしまったので、キックが苦手な人は大変なのかなあと思いました。それから2本平泳ぎを泳ぎました。ストローク数を数えるようにと言われましたが、間をかなり空けて泳いでいるのですがどうしても最後の2〜3m付近で前の人と衝突しそうになりました。順番を絶対代わってくれないのでもっと間を空けて泳ぐしかありません。しかし良いところもあります。前の方で泳いでいる人の様子を見ることができることです。さらに今回は50mを1本泳ぎ、50mダウンで歩きました。最後に平泳ぎのスタートの一掻き一蹴りの練習をしました。コーチの見本を何回か見てから私たちも練習しました。今回ドルフィンキックの入れる位置について注意がありました。以前は蹴伸びの後ドルフィンキックを入れてから一掻きをしていました。しかしコーチが以前、私のドルフィンキックを入れるタイミングをもう少し遅らせた方が良いと言っていたので一掻きの最後のところで入れていました。それを今度は一掻きの始まりでドルフィンキックを入れました。すると手と足が同時に動くので推進力が増すように思いました。何回か練習してコーチに見てもらうとタイミングはそれで良いと言われました。ちょっとしたところを直すだけでかなり変わってくるものです。まだストロークは苦手ですが嫌いな平泳ぎが少しだけ好きになりそうです。

Freediving Competition: William Trubridge Underwater Glide