Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

イメージトレーニング

背泳ぎとバタフライ

昨日は朝起きると喉が少し痛いのと身体がだるいので家でいました。それで家でできるトレーニングはないかと考えて、成人水泳の時に私の背泳ぎの手のタイミングを直すには水の中より陸の方が良いと言われていたのを思い出して、練習してみました。立って前を見ながら手を回してみると右は真っ直ぐできているけれど、左は身体が捻れているみたいになった上に、頭まで動いていました。これでは蛇行するはずだと思いました。左右の動きが対照になっていませんでした。まず姿勢からと言われていた意味がよくわかりました。それから左手が横を掻かないように、腕は肩甲骨から動かして肩の延長線上を通るようにと、左右のタイミングを合わすことを考えて手を回してみました。今まで陸で手の掻きを練習したことはありませんでした。はやくやりすぎると腕がだるくなるのでゆっくりおこないました。今度はバタフライを泳いでいる映像があったので(自分のではありません)手の動きやうねり、キックなどをみて自分の動きとどう違うかなどを考えてみました。上からみてきれいに泳いでいるなあと思う人は水中の手の掻きもきれいでした。私は以前からもう少し体側に近いところを掻くようにと言われていました。私と似たようなかたちで泳いでいる人もいました。キャッチが十分出来ていない人、手がするっとなぜているような人、どれも自分に当てはまるところでした。また潜りすぎの人もいました。フラットに泳ぐのも難しいです。私は体幹が弱いために身体が持ち上がらないのでフラットになってしまうのですが…。良いのか悪いのか今では持ち上がらないのが幸いしています。

家でイメージしたことを次回プールに行ったときに実践してみるつもりです。

rgg_20100811_082513