Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

DVD撮影を見て

恥ずかしい…

昨日は先日もらったDVDをみました。自分の泳ぎを見るのは照れくさいし、とても恥ずかしいものです。といっても普段自分で気付かずに泳いでいるのですが…。

最初は自分の水中ドルフィンやバタフライのキックが何回も流れてきました。もちろんコーチが水中で前から、横から、後ろからと撮影してくれたものです。水中ドルフィンキックは、最初こそまともなのですが、だんだん姿勢が崩れて頭が持ち上がっていました。キックもゆらゆらと言ったら良いのかピシッとしたところがないキックでした。次の水面キックは打ててはいるのですが、左右の足が自分では揃えているのつもりなのですが、なんか傾いてしまっているのです。足が左右どちらか曲がっているのか、ずれているのか、それとも強さが違うのか、今度コーチに聞いてみたいと思っています。

バタフライのスイムはこれも最初こそマシなのですが、まず呼吸で頭が上がってしまっているのと、リカバリーの手が広がってしまって溺れそうに見えるのです。かといって自分では全く疲れていないのに疲れたみたいな姿勢になってしまっていました。他のコーチに、リカバリーの手は耳につけるようにと言われたのがよくわかりました。

おかしな手の理由を考えてみました。脇を無理に伸ばそうとするとけっこう伸びてしまうのですが、すぐ肘を曲げて楽な姿勢に戻ろうとしてしまうのです。もしかして脇を無理に伸ばさないで普通に手を前に持ってくるだけで良いのかなあ…。私は身体がというより関節がゆるゆるとすぐ動く割には体幹が弱いのが根本的な理由なのかなあ…。

DVD Video