Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎとトレーニング

夜に出かけました!

昨日は夜は冷えてきましたが、自転車に乗ってスポーツクラブに行きました。
レッスンまで40分ぐらいあったので軽く自主練をしました。
はじめのレッスンはスイムトレーニングのような内容です。
W-up 50×2 1'20" Choice
Kick 50×4 1'30" 25m/1MO,25m/Fr byBoard
Drill 25×6 '50" Fr ストレートアームでリカバリーは体を大きく使って
Swim 50×7 1'30" Fr 3本ずつDes,最後の1本Allout
ディセンディングといっても私はイーブンになってしまいました。
Total 800mでした。最初の予定ではあと100m泳ぐ予定でしたが、みんな疲れていたので減らしてくれました。しかし最後にコーチが「翌日に疲れを残さないためにクールダウンは少なくとも200mはしてください。」と言ったので、次のレッスンまで休憩せずゆっくり200m泳ぎました。
次は背泳ぎでした。最初に足の甲を反らしたりアキレス腱を伸ばしたりしました。そして蹴伸びからキックをしました。私はまた蛇行しながらになってしまいました。
次に右片手を伸ばして左手は体側につけてキックしました。またコースロープに触りながらのキックになってしまいました。コーチが目線は天井を見るようにと注意がありました。それから左手を伸ばしてキックをしました。今度は天井を見ながらキックしました。
そして右片手背泳ぎでした。これはもっと蛇行しました。コーチが伸ばした手は水中に入ってから掻くようにと注意がありました。さらに小指から入水するより親指から入水した方が肩がよく動くので、親指から入水して、掻く時小指を下に向けたら良いと教えてくれました。理由がよくわかりました。
さらに蛇行しないためにローリングのやり方を詳しく教えてくれました。手を上に伸ばした時そちらの肩を後ろに反らし、掻く時に肩を内旋するようにしたら良いそうです。その時反対側の腰を捻るようにすると体がまっすぐに保たれるそうです。私は腰の動きが全くできていなかったのです。これができると真っ直ぐ泳ぐことができるのだろうと思います。ローリングをもっと練習しないといけないなあと思いました。寒かったけれどレッスンに参加してよかったです。