Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

きれいに長く

クロールでは…

火曜日のスイムトレーニングで、今まで自分が気づいていなかったところが一つクリアされたような感じです。
その時はバタフライのプルの練習でしたが、コーチが「キャッチしたらすぐ掻いて!」と注意してくれたのでした。それをクロールにも応用したら楽に進んだのでした。
私は長く泳ぐ時、全てゆったり掻いていました。しかし掻き始めに力を入れると、体がすうっとポールをよじ登るように進むのです。だからといってすごく力を入れたということもありません。掻き終わりに力を入れた方がはるかに疲れます。
今まで意識していなかったのですが、掻き始めを意識して長い距離でも楽に泳ぐことができるようにしたいと思います。
もう一つの問題点は疲れてくるとストロークとキックのリズムがずれてくることです。キックより手が遅れてきているのです。それで自主練の時リズムを取りながら泳ぐようにしています。キックをゆっくりすれば良いのか?ストロークがだんだん疲れて遅くなっているのか?キャッチからの動作が遅いためか?どれも原因かもしれないなあと思っています。
これから試行錯誤して良い方向に行くと良いなあと思っています。