Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

バタフライと背泳ぎ

たくさんの参加者

昨日は朝は冷えたのですが、お昼頃には気温が高くなって汗ばむほどでした。レッスンより少し早めにスイミングスクールに出かけました。まだ幼児のレッスンが終わっていませんでした。水中歩行の後少し泳ぎたかったのですがあまり泳げませんでした。レッスンはバタフライからでした。好きな泳ぎを1本泳いだ後、まずイルカ飛びを25m行いました。次にビート板を横にして両手で軽く持って顔をつけて第1キックの練習をしました。両膝はつけて足先は揃えてキックするようにと言われました。ビート板を手で握りすぎると抵抗が大きくなって進みも悪くなってしまいます。それで手は脱力するように心がけました。周りの人を見ているとキックするたびにビート板が上下に動いている人が結構いました。それは良いのか悪いのかどちらかなあ?と思いながらキックしました。続いて手をビート板の上に乗せて同じようにキックしました。両手を脱力すると軽く進みました。今度はビート板を半分ぐらい水中に沈めてキックしました。これはビート板が抵抗になるので進みが悪くなるので体幹に力を入れるようにしてキックしました。頭も水中に入れるのかなあと思ったのですが少し頭が出た状態でキックしてしまいました。それから第2キックの練習として上向きのキックを行いました。第2キックの方がはるかに疲れました。続いて背泳ぎでした。まず好きな泳ぎを1本泳いだ後、上向きの蹴伸びを練習しました。まずスタートで飛び上がらないようにと注意がありました。ゆっくりスタートするとまっすぐすうっと進みました。次にビート板を持って下向きでアップキックが水面から出るぐらい行うようにと注意がありました。家でちょこっとしか練習していないのでうまく出来たかなあと少し不安でした。続いて今度はビート板を腿において上向きのキックを行いました。ビート板に足が触れるぐらいでないと身体が下がってしまっていると最初に目安の注意がありました。それでビート板に足が触るぐらいを目安にキックしました。次にビート板を横向きに持って頭の上に伸ばしてキックしました。これもバタフライのキックと同じで手の先の力を抜いて行うようにと注意がありました。手の先に力が入っていると全身に力が入っているのだそうです。最後にストリームラインでキックしました。やっぱり少し左に外れてしまいます。左右のキックの差か、足の向きが左右で少し違っているか、その両方かもしれないと思いました。終わっていつも通りすぐ帰ってきました。

IMG_2150