Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

かかりつけ医に電話

慣れているのでスムーズに

午前中電話で問診を終え、熱のある場合は午後の診察でした。それで普段は自転車と電車で行っていたのですが、タクシーを予約しました。着くと私だけの時間でした。細かいことを聞かれ、また血液検査をしました。医大の最悪データより悪ければ電話があるそうです。ゆっくり話を聞いてくれるので落ち着いて話をすることができました。脱水状況を脱出するためには無理矢理にでも水分補給するようにということでした。私は飲みやすいので冷蔵庫で冷やした状態で摂取していました。しかしこれが絶対ダメだと言われました。常温で飲むように指示されました。体重が元に戻るまで塩分も制限しなくて良いと言われました。カリウムも果物から取って良いといわれました。塩分を制限するともっと脱水症状がひどくなるかもしれないと言われました。尿毒症にはなっていないと言われてホッとしました。私はほぼ1週間寝たり起きたりで家族に迷惑をかけてしまいました。そして私の熱のせいで翌日の仕事を休むようにという連絡が夕方ありました。コロナではないのですが…。

raffles executive clinic