Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

バタフライの水曜日

少し早めに行く

昨日は午後からスポーツクラブにレッスンよりかなり早めに行きました。まずジムで筋トレを行いました。自分で決めたものは全部しました。それからプールに行って自主練をしました。どのコースも泳いでいる人がいたので、男性が2人泳いでいるコースで、一通りキックやプル、蹴伸びなどを練習しました。

レッスンは最初好きな泳ぎを2本泳いでから、フィンを装着しました。まず12.5mまでバタ足で残りをクロールで泳ぎました。出来る人は水中からスタートするようにと言われたのでキックは水中で行いました。それからドルフィンキックで12.5m、残りをバタフライで泳ぎました。もちろんキックは水中で行いました。次にバサロで進んで残りを背泳ぎで泳ぎました。私はフィンをつけていると最初バサロだとうまく壁を蹴れないので下向きでスタートしてすぐ回ってからバサロで真ん中まで進みました。それから背泳ぎで泳ぎました。最後に水中ドルフィンキックをノーブレスで行いました。1本だったし、フィンをつけているので問題なく出来ました。フィンを外して、今度はバタフライの手の動きの説明がありました。キャッチして手を横に広げて肘を立てて、お腹に向かって水を押すようにと言われました。最初歩きながら練習しました。次に1人ずつ真ん中まで泳いでコーチよりアドバイスがありました。私は、肘を立てるまでは出来ているけれど、手を後ろまで掻きすぎているので横から抜き上げて良いと言われました。本当はその方が良かったのです。祝日に水中撮影したときに他のコーチにもっと後ろまで掻くようにと言われたので意識して後ろまで掻いたのでした。実は腕力がないので私はいつもは後ろまで掻いていなかったのでした。いつも通りで良かったのかなあ…。

休憩の後、2時間目は好きな泳ぎを1本、もう1本は手はクロール、足はドルフィンキックで進みました。私は以前浮き上がりで足を多く打ってしまうことがあったので、気をつけて泳ぎました。次にバタフライの水の中の動きの練習でした。第1キックで進んだら第2キックで頭を上げて呼吸をし、そのまま手を水中で前に戻してまた繰り返します。手を前に戻すときにキックを打たないようにと注意がありました。かなりの人がキックを余分に打ってしまっているようでした。私も1回目の練習で変だなあと思うときがあったのでその時はキックが多かったのだろうと思いました。2回目はキックを余分に打たないように気をつけて泳ぎました。水中で手を前に伸ばすとき止まってしまう場合はキックの打ち方に問題があるそうです。キックを下に打つと身体は上がるけれど前には進まないのだそうです。前に進むキックを打つようにと言われました。この練習はタイミングを取るためなのだそうです。出来ない人はスイムのタイミングもずれているそうです。私は前に進むキックが打てているのだろうか?と思って終わって少し練習してみると一応前に進んでいるようでした。呼吸もそれほど意識しなくても出来ました。

レッスンの残りで1分間の腰掛け姿勢のスカーリングをしました。顎は水面より上に出るようにと言われましたが、私は水面に顎が付いたままになってしまいました。 顎が水面についている方が楽なのだそうです。おそらく体幹が弱いのが原因だろうと思いました。それから犬掻きで25m進みました。キックなしでは到底無理なので、キックを入れて進みました。犬掻きは腕をできるだけ前に伸ばして肘は引かないように気をつけるのだそうです。最後に腰掛け姿勢のスカーリングの要領で前に進みました。寝そべって足を伸ばして進んでいる人もいましたが、一応腰掛け姿勢でやってみました。平泳ぎの手のような感じでした。最初はなんとか進みましたがだんだん腕がだるくなって進みが悪くなったので何回も立ちながら行いました。終わると腕がパンパンになりました。最後にみんなで腕のストレッチをして終わりました。

games 009