Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

成人水泳

身体を捻る

昨日は成人水泳の2時間以上前にスポーツクラブに着きました。自主練せずにボディパンプに出ました。30分だし泳ぐ前に出ても大丈夫だろうと思ったからです。平日なので重いウェイトをつけている人もほとんどいません。前に出た時と同じで音楽と合図が大きくて キンキン響くのでやっぱりちょっと苦手でした。終わってプールに行くと成人水泳まであまり時間がなかったので蹴伸びしか練習出来ませんでした。

成人水泳ではウォーミングアップで蹴伸びの前に、蹴伸びの姿勢でプールの中で上に真っ直ぐ飛んでみました。この時足も揃えるようにと注意がありました。この蹴伸びの姿勢が水中スタートする時きちんとできていないと思われます。水面で蹴伸びするより水中スタートの方が伸びないからです。普通は反対ではないかと思います。

それから手は体側につけて肩をローリングしながらキックをしました。頭は動かさないで身体はプールの底に向けておくようにと最初に注意がありました。そして1、2、3と数えながら少し肩を動かして、3と6で大きく肩を斜めに動かしました。私は水中でバタ足をするとすぐ浮上してしまうので、バタバタとはやいキックになってしまってうまく出来ませんでした。それで水面でもっとゆっくり行うようにと言われました。泳ぐとき水の抵抗を少なくするためにはローリングして身体を斜めにした方が断然水の当たる面積が少なくなって良いからです。キックの後、片手にプルブイを持って片手クロールを行いました。最初は呼吸を入れずに、2回目は呼吸を入れて練習しました。私は肘は高く上がっているけれど手をずっと向こうに入水せずに近くに入水してしまっていると言われました。次にプルブイを足に挟んで少しキックを入れて片手クロールを泳ぎました。ゆっくり左右のストロークが揃うように意識しました。それからプルブイを足に挟んでクロールを泳ぎました。次はその反対で背泳ぎを泳ぎました。最初思いっきり蛇行したのでやり直しをしました。私は左の手が上に伸びていないと注意がありました。今度はプルブイなしで背泳ぎを1本泳ぎ、最後にクロールを泳ぎました。抵抗を減らしてもっともっと伸びる泳ぎができるようになると、今までよりずっと楽に長く泳げるようになると思われます。

_DSC2878