Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

腹圧

姿勢の基本

土曜日にコーチに泳ぎの基本は腹圧をかけることがまず第一だと言われたので、もう一度基本に戻って色々調べてみました。腹横筋や腹斜筋を締めて、体幹部分をへこませるようにして固くすることを「腹圧を入れる」と言うそうです。

まず腹式呼吸でお腹を膨らませるように息を吸い、肩や胸の位置を変えずにお腹をへこませながら息を吐き切って、そのお腹の状態をキープしておくのが腹圧の入れ方の基本なのだそうです。そして呼吸は胸式呼吸で行うのだそうです。しばらくなら胸式呼吸で大丈夫ですが、ついつい大きな呼吸をしたくなってしまいます。腹圧を入れたままでの呼吸は胸骨の柔軟性を使って胸式呼吸するのだそうです。今までここまで意識したことがありませんでした。これも練習しないといけないのだろうと思います。

さらに腹圧を入れると言うことは、お腹周りにコルセットを巻いているような感じでしっかり安定させること、つまり腰回りの筋肉を使うこと、骨盤をまっすぐな状態にするイメージで、臀部にもしっかり力を入れてお尻を締めること、足は内転筋を締めるようにすると良いそうです。さらに背中にもある程度刺激が入るように、ほんの少し丸めておくと良いそうです。

それでよ〜く考えてみると、コアトレーニングの最初に行うエクササイズがまさにそれだったことがわかりました。腹圧をかけるなどと意識せずにやっていたので、これからはもっと意識を持って行おうと思ったのでした。

training