Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

おせっかいはこじれるもと

相手の同意が不可欠

いよいよ母と私たち姉妹との話し合いがあります。母のためにと思って特養の優先申し込みをしてショートステイを体験するところまではスムーズでした。しかしショートステイから帰った母は「絶対特養にはいかないからね。勝手に書類を出さないで。」と強い口調で電話がありました。妹はこのチャンスに特養にぜひ行って欲しいと強く言ってきました。私は板挟みでストレスがたまってしまいました。しかしあなたのためにと頼んでいないことをすると、相手からは感謝されるどころか、恨まれることすらあるそうです。心理カウンセラーによると、そのためには相手の同意を得ることが不可欠だそうです。あるいは必要であれば、いつでも声をかけてくださいと言っておけば、相手のことから解放されて、自分のことに専念できるそうです。必要ならば相手の方から協力を求めてくるでしょうと言っておられました。もし相手が手助けを拒んだら、相手を信頼して黙って見守ることが「愛」である場合もあるということでした。私はこのことを肝に銘じて母に対峙してこようと思っています。

Mother