Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

初級クロールと初級バタフライ

金曜日は初めてでした。

昨日は今月初めて金曜日にスポーツクラブに行きました。木曜日にできなかったバタフライを泳ぎたかったからです。まずいつものように自主練をしてレッスンを待ちました。

クロールのレッスンは最初に25m歩いて、ボビングで25m、次はグライドキックを12.5m残りはクロールのスイムを、それから片手クロールをキャッチアップで左右1本ずつ練習しました。それからノーブレスで25m泳ぎました。久々のノーブレススイムでした。そして呼吸の練習をしました。最初は好きな方で呼吸を入れて泳ぎました。私は最初は右呼吸で泳ぎました。コーチに泳いでいるときに左手のキャッチで泡が出ていると言われました。意識していないところでした。次に普段の呼吸と反対の方で呼吸するようにと言われました。自分の手を見ながら泳いでいると左手だけプクプク泡が出ていました。最後は好きな呼吸でと言われたのでハイポ3で左右呼吸をしました。レッスンが終わってから少し水中歩行をしました。

次は初級バタフライでした。まず25m歩いて、ボビングを25m、ダイブで25m進みました。次に気をつけキックをしました。慣れていない人は頭を動かせて良いと言われました。慣れている人は目線を一定にして首の後ろを動かせるようにと言われました。私は目線を前に、頭を下げないように注意して呼吸を入れながら進みました。次に片手バタフライを左右行いました。1で前に入水で25%、2で後ろに掻いてリカバリーまでが75%になるので、75%のところはスピードアップする必要があるようです。もう一度片手バタフライを行いました。リカバリーは手を水面近くに保てるように、エントリーは両手を耳の後ろで挟むぐらいが良いそうです。わかっているけれど難しいところです。残りのスイムは25mを3本泳ぎました。

終わってクールダウンでプルブイを足に挟んでクロールを泳ぎました。レッスンの時注意を受けた左手のキャッチで泡が出ていることに気をつけて泳いでみました。何回泳いでも左だけ泡がプクプク出てきました。右手と何が違うのだろうかと考えて右手の動きをよく見てみると、エントリーの手の動きが左右違っていました。右手はエントリーしたら少し水中に入れてさらに伸びてからキャッチしていました。左手は水面に手を乗せたままキャッチしていたので絶対泡が出るのでした。それで慎重に左手の入水をして伸びてから完全に水中でキャッチしたら泡が立たずにストロークができることがわかりました。何回も泳いで確認しているとクールダウンがいつもより少しだけ多い250mになりました。今回は私の悪いところを指摘してもらえて良かったです。これから気をつけて早く左右揃ったストロークができるようになりたいと思います。

DSC_0037-37