読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎとパワーヨガ

少しだけ控えめに

昨日は朝からスポーツクラブに行きました。体調は万全ではなかったのですが、パワーヨガを受けたかったからでした。終わってジムで筋トレもいつも通りにしました。その後少し休憩してからプールに行きました。自主練は結構真面目にしました。プルブイを足に挟んで右片手クロールで泳いでから、3回右手、3回左手と交互にやってみました。すると右よりも左が余計に傾いてしまいました。何回か練習してから2回ずつで左右交代してみました。するとバタフライの片手練習と大して変わらないことに気がつきました。その後普通にクロールを泳いでみました。手の入水が左右揃うかなあと思って練習しましたが、ストロークは少し短くなってしまいました。

今月最後の中級平泳ぎのレッスンでした。最初はいつも通り25m好きな泳ぎで泳ぎました。それから今月注意を受けた呼吸では上半身からもちあげて、頭を上げすぎないことに注意して25m泳ぎました。それから一掻き一蹴りの練習をしました。まず蹴伸びの姿勢で壁を蹴りスピードが落ちてきたら、手を体側に下ろし再度スピードが落ちてきたら、今度は手を前に伸ばして蹴伸びになったら、キックを入れます。コーチの見本を見てから、一掻き一蹴りの練習を2回行いました。身体が早く浮いてしまうのはお尻を締めていないからだそうです。力を入れていないと体は浮いてしまうそうです。今度はお尻を締めて一掻き一蹴りをさらに2回行いました。次にコースの真ん中に集まって左右に半分に分かれてそれぞれ右よりから壁に向かって泳いでターンしてから、一掻き一蹴りを入れる練習をしました。何回も何回も練習しました。しかしターンしてから身体が浮いてしまっていて、一掻き一蹴りどころか身体を水中に沈めることができず変な格好になってしまいました。スタートとターンの練習を、こんなに練習したのは初めてでした。レッスンのせいにしてはいけないとは思いますが、今までマンスリーレッスンでは、教えてくれるレッスンが少なかったのでいつまでも下手なままでした。もっと体幹を締めてスタートをして、ターンの時に体を沈められるように練習しなければいけないと思いました。無理をしてまた体調を崩すといけないので、大事をとってスイムトレーニングは休んで帰ってきました。

Freediving Competition: William Trubridge Underwater Glide