Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

スタートとターンと目指せマスターズ

12月に入り

昨日は暖かな日でした。夕方に自転車に乗ってスポーツクラブに行きました。すぐプールに行くと大人の人はまばらでした。12月になったからかなあと思いました。自主練ではいつものドリルに加えてバタ足と平泳ぎの片足キックも練習しました。平泳ぎの右片足キックは止まりながらでないとできませんでした。

レッスンはマスターズが近づいているので、スタートとターンでした。1回目なので、蹴伸びからでした。両手を真っ直ぐ伸ばして耳を挟むことは注意したのですが、1回目が終わるとコーチが足がだらっと開いている人がいますと言われました。両足もしっかり揃えて細くしないと距離は伸びませんと言われて、もう一回練習しました。私は最初少し身体が斜めに進んでしまいました。2回目の方が少しマシでした。それから水中スタートからドルフィンキックを素早く3回してバタ足から浮上する練習をしました。水中スタートの勢いを失わずにスムーズにスイムにつなげる練習でした。次にタッチターンの練習をしました。両手をつける平泳ぎかバタフライで5mラインから進んで練習しました。コーチの見本をみてから私たちが行いました。両手がついたら片手を後ろに下げて体を横に向けて、足と上半身が反転するような姿勢から壁を蹴ります。1回目を終わったら、コーチが大会ではプールの縁を握ることができないので、壁にタッチしてすぐターンするようにと言われました。しかしプールの縁を持たないと力が出ないので、いつも以上に変なターンになってしまいました。一緒に参加している人に反対の手が上に上がっていると教えてくれました。次に片手のタッチターンの練習をしました。ターンするときに身体はあまり持ち上げないようにと注意がありました。身体はできるだけ水中にいた方が抵抗が少ないらしいです。それからプールから上がって、まず子供が最初に練習する片膝立ちでプールの縁に座り、そこから手を目標めがけて伸ばして、頭を両手の間に挟んでそのまま飛び込みました。よくあるのが、手の位置と頭の位置が離れている場合、最初の姿勢が実際飛び込む時動いてしまう場合、肘が曲がっている場合があるそうで、自分に全て当てはまります。なかなかうまく飛び込めません。

次は目指せマスターズでした。忘年会や風邪で休んでいる人たちがいたので少し少なめでした。明らかに私が一番遅くて下手でした。あまりにも前の人と差がありましたが、参加したので最後まで頑張るつもりでした。

W-up 50×4 1'30" 蹴伸びスイム いつものように8mまでは蹴伸びで進むのですが、私はまだ5mラインです。しかし要領はわかってきました。

Kick 100×3 1M 身体を大きく使って泳げるように

1本目は余裕がありましたが、3本すると疲れました。

Swim 25×4×3s 1'00" 1MO 1s:Fly 2s:Ba 3s:Br Des フォーム➡︎スピード

だんだん速くすることは難しかったです。私はイーブンか、だんだん遅くなってしまったように思います。

Dive 25×3×4s '40" Fr Broken 1本目全力で、2、3本目は耐えるようにということでした。プールの縁からの飛び込みでしたが、25m泳いで、プールから上がり、また飛び込んでの繰り返しでした。私は最後の方になるとプールから上がるとすぐスタートの合図があり間に合わないことがありました。仕様がないので10秒ぐらい待ってから飛び込みました。すごく疲れました。

Dive 25×10 Choice 12.5m or 25m Hard

1本目だけ頑張って25m泳ぎました。あとは12.5mでした。途中でゴーグルに水が入ったり、スイムキャップが脱げたりいろいろありました。

C-Down 100mでしたが、私は疲れて50mだけで終わりました。すごく疲れたけれど最後まで一応頑張りました。

Swimming