読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎと目指せマスターズ(2)

10月からは

土曜日は、今までほとんどスイムレッスンだけで帰っていたのですが、少し真面目に続いての目指せマスターズにも参加しました。コーチも代わったし、みんなについていけるかなあと思いながら参加しました。最初のメニューをみていつもより距離が少なかったので何とか大丈夫だと思いました。

W-up50×4 1:30 1MO 25mKick/25mSwim

半分がキックなので私は良かったです。

Kick 25×4×2s 1:00"

12.5m片足キック/12.5mEasy 奇数/右足、偶数/左足

いつも右足が苦手で遅いのですが、後ろで泳いでいたので前に追いつかないように気をつけていたら右足もそんなに遅れずに行うことができました。本当はもうちょっとはやくキックしたかったのですが、ここで前に行ってしまったらスイムの時に困るので我慢していました。

Pull 25×6×2s 1:00"

1t/4t,12.5m犬かき/12.5mEasy 2t/5t,12.5mスカーリング、リア/12.5mEasy 3t/6t,12.5m水中で手を前に戻す/12.5mEasy

どのドリルもやったことがあったのですが、水中で手を前に戻すのはスムーズに戻せず水が重く感じられました。

Drill25×3×2s 1:00" Fly/Br 1.2t/キャッチ&プッシュ 3t/Swim 1s/Fly 2s/Br

プルブイを足に挟んでキャッチしたらプルをしっかり行いそこで伸びました。キックはなしかバタ足を入れるようにと言われました。バタフライは何とかできましたが、平泳ぎは体が沈没したままでした。バタ足でどうにか体勢を保った感じでした。

Swim 25×4×3s'50 Choice 1t/Hard、2.3.4t/Keep set間 1:00"  1s/1:00" 2s/0'50" 3s/'40"

最初からハードで泳ぐようにと言われました。サークルが短くなっても遅くならないように全力で泳ぐのだそうです。要領がわからないまま前の人と10秒間隔で泳ぎました。遅いとはいえ一応タイムを測っているので、気持ちは焦っていました。しかし手をはやく回しても速くは泳げないのでストロークを長く大きく泳ぐようにと思いながら泳ぎました。最後の方は体全体がすごく疲れてきました。

C-down 100×1 4'00" Choice  Total 1250mでした。

最初はゆっくり歩きました。前回までよりも明らかに泳ぐ距離が少ないけれど疲労感は同じぐらいでした。ただいつもみたいに腕だけ疲れるのではなく全身が疲れたので心地よい疲れでした。

私は火曜日の30分間のスイムトレーニングにずっと参加しているので、それのロングバージョンという感じでした。しかしタイム測定が何回もあるのでプレッシャーです。

swim meet