Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

バタフライとプライベートレッスン

疲れました…

昨日はお昼過ぎにスポーツクラブに行きました。すぐプールに直行しました。ウォーミングアップをしようとしたら、既にバタフライを泳いでいる人たちが手を振っていました。それで後ろから私はウォーミングアップでバタフライを泳いだのでした。最初はゆっくりと、徐々にテンポを上げていきました。他の人は合計20本ぐらい泳いだようですが、私は遅れて行ったので10本泳ぎました。

レッスンは、いつものように逆立ちイルカ飛び、そして深いうねりのイルカ飛び、それから浅く軽くキックを入れて泳ぎました。いつものことですが、コーチの浅いうねりが、私たちの深いうねりでした。深く潜るとなかなか浮上できません。コーチが言うには深く潜るにもテンポよく進まなくてはいけないようです。私は潜るのがゆっくりすぎるようでした。次に右片手バタフライでした。手の動きと第1キックと第2キックのタイミングを合わせるようにと言われました。呼吸を入れないで行いました。左片手バタフライは、プールの底に着くぐらい深く入水して手とキックのタイミングを合わせるようにと注意がありました。これはとても難しかったです。潜ると浮上の時、手のタイミングがうまく合わず四苦八苦しました。しかしそのあとのスイムがスイスイ進むのでした。この練習をできるようにしなくてはと思いました。バタフライは腹筋を使わなくてはいけないので、家でもできる腹筋を鍛える方法をプールの縁で実際にやってみせてくれました。最後にコーチが、25mは競泳用の速いバタフライ、残りの25mはうねり重視の楽なバタフライを見本で泳いで見せてくれました。

この後待ち時間が1時間以上ありましたが、休憩をしたりポールで筋膜ほぐしをしたりしてプライベートレッスンの時間を待ちました。

今回はまずクロールの改善点を教えてもらいました。私のスイムはお尻が上がりすぎていて頭が下がっているそうです。修正するためにヘッドアップで泳ぐ練習をするようにと言われました。次はストロークです。問題点山積でした。以前からの癖みたいですが、右手が入水すると左の腰が上がっているそうです。私のストロークはキャッチを意識したら、プッシュができなくて、プッシュに気をつけるとキャッチができないのです。自分でもわかっているのですが、どうすることもできないのです。速く泳げるようにと思って手を速く回してもそれほどストロークの距離が伸びません。時間がかかってもストローク数を少なくするようにゆっくり練習した方が良いのではないかと言われました。その方が私も好きです。

それから水中で回る練習をしました。まだ補助なしでは出来ません。以前に蹴伸びから回る練習をしました。今回も蹴伸びから軽くキックを入れて頭から入水しておへそを見ながらまわり、手は後ろに押すようにサポートします。足はすぐに伸ばさないようにと言われました。何回か練習してから今度はクロールを泳いでから蹴伸びをして回る練習をしました。まっすぐ回れるように真ん中の線を見ながらまわりました。最後に壁に向かってクロールを泳いで蹴伸びから回る練習をしました。まだ回っても壁からかなり離れていて、足をつけるところまでは出来ていません。前回より少しだけ進歩したので嬉しいです。コーチがサポートしてくれるので安心して回れるのだと思いました。1人でできるようになるにはまだまだでした。

IMG_1636