Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

スイムトレーニング

ロング系2回目は…

昨日は、お昼過ぎにスポーツクラブに行きました。まずジムで筋トレを行いました。次にポールを使った筋膜ほぐしのレッスンはふくらはぎと脛でした。私は左のふくらはぎが先週からちょっと痛かったのでちょうどよかったです。念入りにほぐしたのでほぼ痛みも無くなりました。
それからプールに行きました。空いていて私が出るスイトレはいつもの人たちは来るかなあと不安でした。一通り自主練をして少し休憩しました。
トレーニングはW-up 50×2 Choice
Kick 25×4 No board
手を前に伸ばして頭は水中に入れて呼吸は平泳ぎの呼吸か、立つようにと言われました。長い距離を泳ぐために注意するのはキックを力強く打つのではなく、体をフラットに保つためにするのでゆったりキックしてくださいと言われました。オリンピックの1500m自由形の選手はキックはほとんど打っていないぐらいでしたとコーチは言っていました。そして背中や腰が水面に出るぐらいにするようにと言われました。私は腰がまだ下がっているらしくて上げるように注意されました。
Swim 50×2
今度は2ビートでストロークを15〜20回ぐらいで泳げるようにと言われました。やってみると1回目のスイトレのときは2ビートが非常に疲れてしまったのですがそれはなかったのでよかったです。キックの力みがなかったからだと思いました。しかしストローク数は相変わらず20回を超えていて多かったのでした。
Swim 100×1
ターンは休憩するところではないので壁に手を着いたら1秒以内にターンするようにと言われました。そしてコーチは見本を見せてくれて、壁に着いたらプールの縁を掴まずに体を横に向けてターンするようにと言われました。私はまだまだ遅くて不恰好なターンです。
さらに今度は毎回呼吸で泳ぎました。呼吸を長い間我慢してから行うと思いっきり吸うけれど、毎回だとそれほどたくさん息を吸わなくても良いそうです。ただし吐くのはきちんとしなくてはいけないそうです。私は土曜日の自主練で毎回呼吸を少しだけ練習したばかりだったので頑張ってみました。いつもは右呼吸がほとんどだったのですが、右呼吸では姿勢が崩れるのがわかっていたので、左で毎回呼吸をやってみました。するといつもより失速せずに泳ぐことができたのでびっくりしました。一緒に泳いでいる人が速いじゃないのというので、いつもより安定した泳ぎになっていたのだと思いました。いつも私がロング系で失速するのは呼吸の度に姿勢が崩れて抵抗が生まれているのではないかと思いました。
Swim 150×1
今度はプルブイをつけて泳ぎました。壁を蹴ってスタートしたら両足は揃えるようにと言われました。その方が推進力が衰えないそうです。私はまた毎回呼吸で泳いでみました。しかしキックがないのでやはり失速してしまい後ろの人に迷惑をかけてしまいました。
最後にコーチが「150mはまだロングとは言えません。来週以降、もう少し長い距離を泳ぎます。」と言われました。できるかなあ…
終わってからプルブイをつけて毎回呼吸でクロールを25×8本泳いで帰ってきました。

Swimming