読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

やっと雨が上がり…

土曜日は久々朝から雨が降りました。夕方止んだので私はいつものように自転車に乗ってスポーツクラブに行きました。いつもより早く行ってジムで筋トレを行いました。ロッカールームに行くと肩の故障でずっと泳げていない知り合いに会ったのでおしゃべりしていたら時間が経ってしまい、プールでの自主練はあまりできませんでした。それで平泳ぎを中心に練習しました。
レッスンはまずウェッジキックとウィップキックの説明からでした。レッスンではウィップキックを行いました。平泳ぎは特に膝や足首の柔軟性が必要だと言われました。私は体が柔らかいと思っているので、どちらのキックの方が向いているかということはあまり気にしていませんでした。抵抗が少ないのはウィップキックだと認識しています。
コーチが足首を柔らかくするために、家でもできる、正座のままで足首をそらして、膝を持ち上げる練習がありますと紹介してくれました。私はもう1年以上毎朝行っているので1分以上楽にできます。また長座で足首を曲げ伸ばしするのも効果的だそうです。鈴木大地さんは長座の姿勢で足首をそらして足先を床につけることができるそうです。私も家に帰ってやってみました。左足はなんとかやっと着く感じです。右足はまだあと少しです。親指だけなら両足つけることができました。
最初にビート板を持って腰掛けスタイルで、後ろ向きで足を交互に内側に巻き込みながら進みました。内側に巻き込むとき小指側で水を押します。途中で止まりながらになり、かなり疲れました。
今度はこの動作を両足一緒に行いました。こちらの方は先ほどよりスイスイ進みました。自分の目でキックを見ながら行うと自分で直しながら進めるのでいいなあと思いました。
それからヘッドアップでビート板を持って普通にキックをしました。キックは心持ち下に向けて蹴り、最後に両足が浮上するようにすると良いそうです。ヘッドアップは苦手でしたが、なんとか前の人について行きました。
次に手の練習でした。手を前に伸ばして肘は引かずに、肘から先を回しながら進みました。私は要領がいまひとつわかっていませんでした。コーチが肘を支点にして回すのだと再度説明してくれました。私は肘を手前に引いてはいなかったのですが、肘が固定されていなくて上下に動いていました。もう一度やってみてやっとやり方が理解できました。
レッスンが終わってから、レッスンの最後に行った手のドリルを何回もやって見ました。1回目は頑張れましたがだんだん腕が疲れてきました。25mを4本練習して残りはクロールを泳いで帰ってきました。家に帰って手の動きを思い出しながらやってみました。肘を固定すると、自然とお腹と背中に力が入ってきました。結局腹筋と背筋に力が入っていなかったのでした。

IMG_1655