Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

健康のための食事

思わぬ効果

私は内臓の病気のために食事制限をしています。最初はすごく辛かったです。お肉や乳製品などタンパク質の制限があり、減塩もおこなっています。もともと薄味が好みなので減塩は全く苦痛ではありませんでした。しかしパンやご飯もタンパク質がかなり含まれているので普通のお米やパンではなくて、タンパク質調整のものを購入しています。これに慣れるまでが苦痛でした。はっきりいってまずいのです。ご飯はもう慣れましたが、パンはいまだに美味しいとは感じられません。お酒もたまにワイン一口か二口飲む程度です。以前のようにたまにビールを飲むことも無くなりました。
ご飯やパンをタンパク質調整のものにすることにより少しでもその分肉や魚を増やせるからです。
人間の体には絶対タンパク質は必要です。しかし好きなだけ食べれないので最初の頃はそれがストレスでした。例えば大好きな握り寿司はご飯と魚のタンパク質がほとんどなので最も悪い食事の1つです。今ではほとんど食べません。もう何年も続けているのでこんなものだと慣れてきました。
一方良かった点は、肌の調子や体調がよくなったのです。乾燥肌で困っていたのですがしっとりしてきたように思います。
さらに私はプールに入るので肌や髪が痛むかなあと思い、肌は強くこすらないように、髪はきちんと時間をかけて洗い、トリートメントをした後ドライヤーをかける前に必ず毛先にヘアクリームをつけて保湿を心がけています。以前よりケアを心がけるようになったことも良かったのかもしれません。

turkey dinner