Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

ハードに頑張りました

昨日は夜中に筋肉痛だったので休もうかと思ったのですが、朝起きたら大丈夫だったので朝からスポーツクラブに行きました。最初はバレトンをしてジムで筋トレを行いました。それからレッスンまで自主練をしました。真面目に4種目のキックを2回ずつ、蹴伸びを4回行いました。それからプルブイをつけてクロール、平泳ぎは立ちながら、背泳ぎは両手で、バタフライはキャッチから手を後ろに押すところをメインに2本ずつ行いました。バタフライクラブの人は少なくて4人でしたが10本泳ぎました。私は水中ドルフィンからの浮き上がりや、第2キックを強くとか、いろいろ考えながら泳ぎました。そのあと休憩してから他の人たちが背面ドルフィンを練習していたので私も4本行いました。すでに私は疲れていました。
レッスンは1回目だったのでまず蹴伸びからでした。1本目は背中の面を平らにするようにと言われて行いました。手は水面に出ないで水中に入れるようにと言われました。私はゆったりと伸びていたら後ろの人が追いついてきました。2本目は足先まで伸ばすようにと言われたので足先までピーンと伸ばして蹴伸びを行いました。
次はキックでした。まず手を腰骨のところに突き刺すようにしてキックを行いました。膝からではなくて股関節から大きく動かすようにと注意がありました。さらにキックの泡が水面から出ないようにと言われました。私はときどき水中から足の方を見ながらキックしました。泡は水面には出ていないように思いました。私の前の人たちのキックを見ていると水面に泡が出ている人が多かったです。
それから手の動きの説明がありました。手は肘を引かずにキャッチしたら後ろまで押して肘を高くして前にリカバリーします。しかしまず行ったのは水中でも肘を曲げずに大きく手を回して右片手クロールを行いました。大きく手を動かすと体がぶれやすいそうです。そうならないようにするにはキックを強くすることだそうです。体が柔軟に動くように立ったままストレッチを少し行いました。そして今度は左片手クロールも行いました。
今度は下半身は動かさずに上半身だけ体を左右に動かす練習をしました。その後手を大きく伸ばしたままスイムでした。細かいテクニックなしなので私はこの段階が一番得意です。
最後に後ろまできた手を反対の体側にタッチしながら泳ぎました。私がよくプライベートレッスンのとき注意されている動作でした。無理にしなくても楽にできました。しかし本当はこんなに動かしたらダメだと思いますが…